令和になり初めての成人の日を迎えた1月13日。新成人となった男女が袴や振袖に身を包み、全国各地で大人への一歩を踏み出したことを祝う。そこでORICON NEWSでは、恒例の『期待の新成人(※1999年4月2日~2000年4月1日生まれ)ランキング』を発表。首位に輝いたのは、映画、ドラマ、CMで活躍する女優【永野芽郁】。ほかにも、2020年を席巻するであろう若手女優や俳優がTOP10に名を連ねた。

【ランキング表】スポーツ界からは1人がランクイン&美少女&イケメン揃い、今年活躍が期待される旬な顔ぶれのTOP10

■99年生まれをけん引、メディアで存在感増す旬な女優

 1位の【永野芽郁】は、子役を経て、ファッション誌『ニコ☆プチ』、『nicola』(ともに新潮社)、『Seventeen』(集英社)のモデルとして活動。2018年にNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で天真爛漫なヒロインの楡野鈴愛役を好演したことも記憶に新しい。2019年は、ドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です』(日本テレビ系)で気の弱い学級委員長・茅野さくら役で存在感を発揮した。

 さまざまな役柄になりきる表現力に定評があり、1月5日放送のトキの人工繁殖・野生復帰の取り組みを追った『NNNドキュメント』(日本テレビ系)ではナレーションに挑戦。しっとりと語る彼女の声は視聴者からも好評で、情感豊かに番組に華を添えた。

 CM出演も多く1月6日からは英会話の『イーオン』のCMが放送。今年3月には人気ミステリー原作の映画『仮面病棟』でヒロインを務め、新たな一面を見せてくれはずだ。

 そんな永野には「朝ドラへの出演もあり、知名度が高まったから」(大阪府/10代・男性)、「更なる飛躍が期待できそう」(東京都/50代・女性)と老若男女が期待を寄せる。「まだ20歳なのに、すでにベテランの域にいる」(埼玉県/40代・男性)、「まだまだのびしろがありそうだから」(東京都/30代・女性)との声もあった。

■年明けから話題作に出演 アーティスト“adieu”としても活動を拡大中

 2位は【上白石萌歌】。2011年、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』(2011年)に応募し、当時史上最年少の10歳(小学5年生)で44,120人の中からグランプリに選ばれた経歴を持つ。昨年は姉の上白石萌音と映画初共演で映画『羊と鋼の森』で第42回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞。

 今年は早速、ドラマ『義母と娘のブルース』(2018年/TBS系)の続編であるスペシャルドラマが1月2日に放送。さらに1月5日放送のフジテレビ開局60周年記念 新春SPドラマ『教場』後編ではラストシーンのみではあったが、新年から話題作への出演が続いた。演技の仕事以外にも2019年4月より『A-Studio』(TBS系)の11代目サブMCのほか、『ZIP!』(日本テレビ系)の1月金曜パーソナリティを務めることも決定している。

 そんな彼女に「この方の演技がとても好きで、女優さんとしてこれからさらにどんな成長をされるのかとても楽しみなので」(東京都/40代・女性)、「清楚で素敵」(群馬県/40代・男性)とエールが送られた。

 昨年より、「adieu(アデュー)」名義で本格的に音楽活動も行なっていくことを発表。CMや映画の劇中等で歌声を披露することもあり、たびたび話題を集めており「歌も演技もできるので、さまざまな活躍を見せてくれそうだから」(山口県/30代・女性)と歌唱力を評価するコメントも多く見られた。

■野球ファンからの期待を受けTOP10唯一のスポーツ選手としてランクイン

 3位はアスリートから唯一のランクインとなった【清宮幸太郎】選手。北海道日本ハムファイターズ所属で2年目の2019年はケガなどもあり十分に活躍できなかったが、期待の声とともにTOP3入り。

 2017年のドラフト会議では高校生最多7球団による競合の末、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得。2019年5月はケガから復帰し、ロッテ戦で今季1号本塁打を放った。これが球団通算8000号にもなった。

 そんな彼に「野球界の将来を背負っているから」(北海道/20代・男性)、「世代を代表する選手だから」(神奈川県/30代・男性)、「松井秀喜のような選手になるかなぁと期待しているので」(神奈川県/50代・女性)と注目の声が届いている。

■新世代を担う才能…旬な俳優・女優・アイドルが勢ぞろい

 アイドルではKing & Princeの【高橋海人】が5位、Sexy Zoneの【マリウス葉】が6位、乃木坂46より【山下美月】が9位にランクイン。

 5位の高橋はキンプリとしての人気ぶりは言わずもがな。昨年はドラマ『ブラック校則』(日本テレビ系)に出演して俳優としての活動も目立った。ジャニーズで初めて少女マンガ家デビューを果たし、『ベツコミ』に14ページの描き下ろし『僕のスーパーラブストーリー!!~王子と男子は紙一重!?~』を掲載したことも話題に。「漫画を描いたり演技もダンスも上手く多彩なのでこれからもっと活躍の幅を広げられるアイドルだと思うから」(東京都/20代・女性)との意見が寄せられた。

 6位のマリウスは18年に上智大の国際教養学部に入学、日本語、ドイツ語、英語のトライリンガルで、グローバルな活動も行なっている。「アイドルだけど国際的でこれからの活躍がたのしみ」(東京都/40代・女性)とワールドワイドな活躍が期待されている。

 9位の山下は初写真集『忘れられない人』(2020年1月21日発売)が、坂道グループ単独初写真集として史上最多となる初版14万部を記録。18年から『CanCam』専属モデルを務め、「これからの乃木坂をひっぱってほしいから」(愛媛県/40代・男性)と“次世代エース候補の1人”と注目されている。

 その他にも昨年から認知度が急上昇してきた俳優2名にも期待の声が。父は俳優・千葉真一、兄は俳優・新田真剣佑である【眞栄田郷敦】(4位)がTOP5入り。TBS系ドラマ『ノーサイドゲーム』で七尾圭太を好演したことも印象に残っているようで、「端正な顔立ちで、2世なのに謙虚なところが好感度高いです。将来有望株」(愛知県/40代・女性)との声があった。

 7位の【岡田健史】も、有村架純演じる教師の禁断の恋の相手役として出演したドラマ『中学聖日記』(TBS系)以降じわじわと人気を高めてきた一人。主演作等は少ないが、「年齢に似合わない色気がある」(東京都/40代・女性)と女性票を集めTOP10にランクイン。

 各界をリードしていく才媛が勢揃いしたランキング。女優や俳優、アイドルといった本業に、個性を生かした+αの活動が目立つ新成人がTOP10に並んだ。少しずつ自身の存在感を増し始めた面々がランクインしたことも印象的だ。20歳となり、さらに人気や実力をつけて、さらに飛躍していく姿を楽しみにしたい。

【調査概要】
調査時期:2019年12月17日(火)~12月27日(金)
調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ