人気アイドルグループ・乃木坂46の新成人メンバーの大園桃子、山下美月、向井葉月、渡辺みり愛が9日、東京・乃木神社で成人式を行った。多くのファンが境内に駆けつける中、艶やか晴れ着姿を披露。恒例の質問でもある「○○世代」でネーミングするならと振られると、山下は「“おめでたい世代”です」と命名した。

【アップショット】今年の目標を絵馬に書いた大園桃子、山下美月ら乃木坂”新成人”メンバー

 「絶対その質問聞かれると話していた」と明かした山下は「今年は東京オリンピックもありますし、令和になってから初めての成人式でもあるので、たくさんのおめでたいが集まったおめでたいメンバーだなということで決めました」と理由を説明。

 20歳を迎えてお酒もたしなむようになったそうだが、山下は「顔でお酒強そうと言われるんです」と言い「少し飲んで寝ますね。普通です。この間、初めてウイスキーを飲んだんですが、のどが焼けました」と“酒豪”であることは否定。

 具体的な目標を聞かれると、向井は「自分に自信がないので、自信を持てる女性になりたい」と意気込み。渡辺は「20歳に限らずですが、内向的でインドアなので外に出ていろんな方とお話したい。やりたいことを言っていけば伝わるのかなと思います」と社交的になることを決意。

 山下は「人に心を開くという目標です。友だちにも素直な気持ちや本音を言えないところがあるので、自分の意見や意志を伝えられる大人になりたいです」と宣言。最後に決意表明した大園は「家庭的な女性になりたいです」とニコニコと答え、メンバーや報道陣の笑いを誘った。