俳優の向井理が9日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『10の秘密』(14日スタート、毎週火曜 後9:00)制作発表会見に登壇した。新年の目標を聞かれた向井は「不祥事を起こさないように」と回答。昨年は沢尻エリカやピエール瀧など不祥事による降板騒動が相次いだことから、共演の仲間由紀恵から「不祥事だけは、お願いします」と念押しされると、「僕も一応被害者ではあるので…すいません」とぶっちゃけていた。

【全体ショット】仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗ら共演陣

 まず第一に体調管理を掲げた向井は「すごく基本、当たり前のことなのかもしれないけど健康第一です。インフルなどの予防をしないと撮影にも支障をきたしますし、きょうだけでなくたくさんの人が関わっている作品なので…。健康だったり、不祥事を起こさないように」と苦笑しながらも気を引き締めていた。

 また、同じく「健康第一」を目標に挙げたのが、昨年11月に番組ロケ中に骨折事故を起こし、今作が復帰作となる佐野史郎。「よく、現場でけがのないようにとか必ず言いますけど、けがをするとこんなに大変なのかと思い知らされました…」と反省気味の佐野は「リハビリも真面目にやっています、この男が。インナーマッスルを鍛えたりして。これがなかなかいいですね」と効果を実感していた。

 同ドラマは向井演じる主人公・白河圭太の愛する娘が何者かに誘拐されることに端を発し、圭太と関わるさまざまな登場人物たちの計り知れない秘密が絡み合い、次々に事件が巻き起こるオリジナル脚本のサスペンス作品。

 このほか仲里依紗、SixTONESの松村北斗、名取裕子、渡部篤郎らが登壇した。