エイベックス・マネジメントに所属する女性タレントによる新春晴れ着撮影会が9日、東京・原宿の東郷神社で行われ、飯豊まりえ(22)、浅川梨奈(20)、今泉佑唯(21)、生見愛瑠(17)、大幡しえり(21)、Niki(23)、江野沢愛美(23)、山谷花純(23)、大原優乃(20)、日比美思(21)、前島亜美(22)、小室安未(22)、古田愛理(17)が参加した。

【動画】艶やかな晴れ着姿を披露する“めるる”生見愛瑠

 同事務所では、昨年に続き、2度目の晴れ着撮影会。今年、初めて参加した生見は「ただいま、LJK。ラストJKで高校3年生ということなんですけど、そう言っていられるのも後2ヶ月ぐらい。だからフレッシュっぽいブルーっぽいものを選びました。うれしいです」とにっこり。絵馬には「渋谷ジャック」としたためた。「若者の聖地といえば渋谷。そこをジャックするには、もっともっと頑張らないといけない。今年は全力で頑張りたい」と力強く語った。

 高校生活は「とっても楽しかった」としみじみ。「高校生と言えなくなるのは悲しい」としながらも「卒業はできます」ときっぱり宣言。高校生というフレーズに早くも未練たっぷりで「気持ちはいつでもJKで頑張っていきたい。大人にはなりたくないですね…。渋谷を心に秘めておきたいので」とぽつり。どうあがいても、年を重ねることは自覚しているそうで「どうしましょう…」と悩みながら「ちょっとずつ大人になれるように先輩方を見習いたい」と名残惜しそうに話していた。