オオカミバンド・MAN WITH A MISSIONによる初の音楽ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』(2月14日公開)のメインビジュアルが9日、公開された。メインビジュアルはこれまでのジャケット写真やアーティスト写真、ライブシーンをコラージュし、躍動感あふれた斬新なデザインになっている。

MAN WITH A MISSIONのプロフィール

 バンドは2010年に彗星のごとく音楽シーンに登場し、東京・日本武道館や阪神甲子園球場などで行ったワンマンライブは即日ソールドアウトを記録。海外の大物ロックバンドのゼブラヘッドやジミー・イート・ワールドと海外ツアーを行うなど、国内外で快進撃を続けている。

 そんなオオカミたちの生態を10年間追い続けたアメリカ人ジャーナリストのカール・クーパーが取材。カールは、狼専用翻訳機「ガウトーク」を完成させたことでバンドの密着取材が許可された。メンバーや関係者へのインタビューを敢行したほか、レコーディング、ライブなどに潜入取材して記録を重ね、映画では謎に包まれたバンドの秘密に迫っている。

 本作は2月27日までの2週間限定公開。