俳優の寺脇康文が、16日放送のフジテレビ系連続ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(毎週木曜 後10:00)第2話に出演することが決定。寺脇が演じるのは、乳がん患者・日ノ原徹。乳がん全体のうち、男性が発症するのは1%未満で、寺脇は非常に珍しく、難しい役どころに挑むことになり「今や二人に一人という確率でかかる、がん。自分がそうなったら、そして、近くにいる大切な人がそうなったら、どう接するか。一緒に、考えてもらえたらいいと思います」と呼びかけている。

【写真】撮影現場にケーキを差し入れする松下奈緒

 日本初の腫瘍内科を舞台とした同ドラマは腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)らがん診療に命を懸ける医師たちと患者が共に闘う姿を通して人が生きる意味、明日へ進む勇気を贈るメディカルヒューマンストーリーを描く。

 日ノ原は妻と娘の3人家族で暮らしていたが、数年前に離婚し、今は独り身。横浜みなと総合病院の乳腺科で乳がんと診断され、心たち腫瘍内科の診察を受けに来る。日ノ原は、自分は男性なのに乳がんになるなんて信じられないと、ひどく困惑をする。そんな日ノ原に、診察を担当することになった光野(藤井隆)は、遺伝の可能性を示唆。すると日ノ原は、元妻のもとにいる一人娘にも遺伝するのか、と光野に聞き・・・。

 どうしてがんは自分を選んだのか。1%未満のケースという日ノ原が、心や周りのがん患者との触れ合いを通して、少しずつ少しずつ前へ踏み出そうとする姿がみどころとなる。寺脇は「決して楽しいドラマではないけれども、病気というのは誰しもが、多かれ少なかれ、関わるものだし、そうなるのも、また、治すのも、どちらも、人間ですよね。そんな、人間ドラマに、正面から立ち向かうこのドラマに携わりたいと、思いました」とコメント。

 「男性が乳がんになるというのは、この脚本を読むまで、私も知らなかったですから、それを、知ってもらいたいということも含め、もし、自分がそうなったら、という想定で、決して、他人事ではないということを皆さんに考えてもらえればいいなと思って、演じました」と思い入れを明かしている。