NHKは8日、東京・渋谷の同局で会見を行い、2022年に放送される大河ドラマ(第61作)『鎌倉殿の13人』の主演を小栗旬(37)、脚本を三谷幸喜氏(58)が務めることを発表した。三谷氏の脚本登板は、『新選組!』(04年)『真田丸』(16年)に続く6年ぶり3度目の担当となる。大河ドラマの出演者による不祥事が続いていることを引き合いに「オファーを受ける俳優さんに言いたいのが、これから、もし俺ちょっとやばいかな? 俺、スネに傷もってるかなっていう人がいたらぜひ、断ってください!」と、けん制した。

【写真】北条義時の家系図を説明する脚本の三谷幸喜氏

 前作、堺雅人主演の『真田丸』は全50話の全話平均が16.6%と高視聴率を記録し大ヒット。期待高まる今作は平安末期から鎌倉時代初期を舞台に源頼朝の天下取りを支えた13人の家臣たちは息子の頼家の暴走をきっかけに、合議制を定め激しいパワーゲームを繰り広げる。そのなかで最年少であり北条政子の弟だった北条義時(小栗)がやがて鎌倉幕府の権力者になるまでを描いていく。

 会見欠席となった小栗に代わって登場した三谷氏は「二度あることは三度ある、三谷幸喜です。カルロス・ゴーンの会見に先立つこと6時間、ようこそ、いらっしゃいました」と、のっけからじょう舌。「新しい大河ドラマを作りたい。今まで大河でこんなタイトルはなかったというものを探してこれに落ち着きました」と話すと、登場したホワイトボードに家系図を書いて、ストーリーについて自ら解説した。

 3度目の脚本決定に「正直、僕は大河ドラマファン。このところいろんなことがあって、大河ドラマが元気がないと言われているなか、いやいやそんなことはない。こんなに楽しいテレビドラマの枠はないと思っている。僕でいいのであればなんらかのお力になりたい。これはもう、頑張るしかない」と決意を固める。「大河ドラマは終わるんじゃないかと思ってる人もいるかもしれないけど、全然そんなことはない。これは61本目ですけどようやく60本で第一章が終わり、61本目で第二章が始まる。そんな気持ちでやらせていただければ」と熱い想いを打ち明けた。

 また「最低視聴率は更新しないのが目標」と、おどけながらも「あんまり数字にはこだわっていない。面白いものを作るのが使命。どのくらいの人に見てもらえるかは二の次ですが、おおぜいの人に見てもらいたいし、面白いものを作っても誰も見ていただけなければ存在しないのも同じ。気持ちとしては最高視聴率を更新したいとさえ思っています」と高い志も掲げた。

 最後に「締めの言葉も言っといていいですか? この場を借りてどうしてもいいたい」とマイクを再び握った三谷氏は「これから台本を書く作業が始まり、キャスティングが始まり、僕はキャスティングにも想いがありまして、俳優さんは全員が僕は大好きだし、歴史上の人物も大好き。大好きな人たちを一番いい形で一番いい役に振っていきたい。これ以上にないキャストで小栗さん含めて発表していけるといいな」と前置き。

 「オファーを受ける俳優さんに言いたいのが、これからもし俺ちょっとやばいかな? 俺、スネに傷もってるかなっていう人がいたら是非、断ってください! 本当にみんな切に思ってます。なんで引き受けるんだと…みんな思ってますから」とお願い。同席した清水拓哉制作統括を「今のが一番大きい見出しにならないように」と苦笑させていた。