サザンオールスターズのミュージックビデオ集『21世紀の音楽異端児(21st Century Southern All Stars Music Videos)』が、1月9日発表の最新オリコン週間DVDランキング、Blu-ray Discランキング(以下BD)で、それぞれDVD:初週1.6万枚、BD:2.3万枚を売り上げ、ともに初登場1位を獲得。DVDとBDの同時1位は、2019/12/9付の『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』に続き4作連続通算4作目となった。

【動画】サザン関連全972曲 サブスクトレーラー

 また、音楽作品のDVDとBDを合算した同日付「ミュージックDVD・BDランキング」でも、合計売上3.9万枚で1位を獲得。「映像3部門同時1位」も4作連続通算4作目となった。

 本作は、2003年にドラマ『僕だけのマドンナ』(フジテレビ系)の主題歌になった「涙の海で抱かれたい ~SEA OF LOVE~」から、昨年の全国ツアーともに作り上げられ、その後ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(日本テレビ系)の主題歌として話題になった最新曲「愛はスローにちょっとずつ」まで、21世紀に発表されたミュージックビデオ全21曲が収録されている。

 なお、桑田佳祐は自身が「桑田佳祐 & The Pin Boys」名義で主催しているボウリング大会『KUWATA CUP 2020』のために書き下ろした最新シングル「悲しきプロボウラー」を2月12日に発売する。