俳優の高橋克典が8日、都内で行われた『大戸屋・定食の日』1日店長試食イベントに出席。1月8日は「大戸屋・定食の日」ということで、この日は高橋が大戸屋新宿アイランドイッツ店の1日店長に就任。大戸屋の制服を身にまとった高橋がサプライズで定食を提供し、女性客らがうれしい悲鳴を上げていた。

【写真】サプライズ登場!定食を提供する高橋克典と歓喜の女性客

 続くトークセッションで、若い頃に飲食店でアルバイトしていたと明かした高橋。今回食事を提供し、「久しぶりだった。しばらくやってないと(食器を)ガチャっと置いちゃう」とまじめに反省。

 1日店長を振り返り、「働き始めると、ものすごく働いちゃう」とアピール。司会からまた来てもらえるかと問われると、「いつでも来ます。時給は相談で…。ぜひお願いします!」と賃金にこだわりを見せ、集まった報道陣を笑わせていた。

 また自身が店員として出演している大戸屋のブランドムービーに触れ、「就業して3ヶ月という設定だったが、普通に緊張して演技していた」と言いつつも、「こうして働くことはすがすがしい。若い頃を思い出して、すごくやる気が出る」と語っていた。

 また、撮影中にアルバイトしていた経験がふとよみがえってきたそうで、「カメラのことを忘れて、ぼけーっと昔のことを思い出したりしていたら、『カット!』って言われて、それがそのまま使われていたびっくりしました(笑)」と笑顔で振り返った。