俳優の奥野壮、押田岳、女優の大幡しえりが7日、都内で行われた『仮面ライダージオウ』と『仮面ライダーゼロワン』の新作映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。

【写真】それぞれ”新年抱負”を披露したキャスト 高橋文哉ら

 『ジオウ』で奥野は仮面ライダージオウ/常磐ソウゴを、押田は仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツを、大幡はツクヨミを、それぞれ演じた。この日が『ジオウ』チームにとって同作での最後の舞台あいさつとなる。区切りを迎え、成長した部分を問われた押田は「『ジオウ』という作品を確立できた。(一昨年の映画で)『ビルド』とやっているときに『お前ら誰?』みたいになって、めっちゃアウェイだった。ジオウ、ゲイツ、ツクヨミ、ウォズが作品の中に存在する人なんだとなったのが成長」としみじみと口にすると、奥野も「確かに。いいこと言うね」と賛同した。

 一方の奥野は「自分たちで言うのもアレですけど個々の芝居の力じゃないですかね。徐々に成長できているんじゃないかな」と振り返り、大幡も「初めのころよりアクションもできていた」と実感を口にしていた。

 1年という経験を積んだ『ジオウ』出演者の背中を見た仮面ライダーゼロワン/飛電或人役の高橋文哉は「仮面ライダーを教えていただいたと思う」と感謝。続けて「変身の言い方をとっても味がある。ホントにかっこいい。言ってきた回数が違ういうのもあるし、経験ってこうやって出るんだと思った。これから1年間、頑張って先輩方に少しでも近づけるように、という思いにさせていただいた」と熱い思いを打ち明ける。イズ役の鶴嶋乃愛も「貫禄がスゴいなと思った。私たちの目指す場所はここ。再認識しました。1年後に、こうなれるように頑張るのが楽しみになりました」と思いを打ち明けていた。

 最後のあいさつで高橋は「奥野さん、押田さん、大幡さん、渡邊(圭祐)さん、そしてジオウに関わった方々から全ての思いを受け取って、その思いを『ゼロワン』にぶつけていく。もっともっと面白くしていく」と抱負を語った。奥野は「こうやって、たくさんの方に観ていただいて幸せ。あと(押田主演のVシネクスト)『ゲイツ、マジェスティ』というすごいかっこいい作品ができているので、そちらもチェックしていただけたらうれしい。このステキなキャストの『ゼロワン』も毎週面白い。『ゼロワン』もよろしくお願いします」と後輩にエールを送って、最後の舞台あいさつを締めくくった。

 本作で描かれるのは、タイムジャッカー・フィーニス(生駒里奈)によって歴史改変され、人間たちがヒューマギアたちによって支配されているという仮面ライダーゼロワンの世界。さらに、アナザーゼロワンの登場により仮面ライダーゼロワンの力を失ってしまった飛電或人(高橋)は、仮面ライダージオウの常磐ソウゴ(奥野)と共に“すべてが始まった日”の12年前にタイムトラベルし、事件の真相に迫っていく。

 歴代平成仮面ライダーの力を駆使し、過去・現在・未来と時間移動を繰り返し、先の読めないストーリーで話題を呼んだ『仮面ライダージオウ』と、現在、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーゼロワン』(毎週日曜 前9:00)、2つの世界が交差。ゼロワン誕生の物語と、ジオウが選ぶ本当の終幕が描かれる。

 舞台あいさつには『ゼロワン』から岡田龍太郎、井桁弘恵も参加した。