防衛装備品の展示会『DSEI Japan 2019』(11月18日~20日)が日本で初開催され、日本からは61社が参加した。しかし、反対派からは総合武器ビジネス見本市とも称される本展示会の日本開催には、批判の声も少なくなかった。その一方で、エンタテインメントでは、映画『シン・ゴジラ』を始めとして、武器や防衛装備がリアルに表現されている作品は人気ジャンルのひとつとなっており、ここにある種の社会的な二面性があるといってもいい。今回、これまでエンタメ系メディアの取材は一切断ってきたという同展示会の主催者・クライシスインテリジェンス社長の浅利眞氏に話を聞くことができた。武器市場における日本の優位性やポジション、戦争とエンタテインメントへの意識とは。

【写真】会場に運び込まれた迷彩カラーの実物の装甲車

■アジアは世界から取りこぼされていた。日本で『DSEI』が開催されたわけ

『DSEI Japan 2019』は、陸海空にまたがる総合的な武器ビジネスの展示会で、もともとはイギリスのイベント。日本での開催は今回が初で、イギリスやアメリカなど26ヶ国178社が参加し、日本企業は61社がブースを構えた。同展示会には、エンタメ系メディアからの取材オファーもあったが、参加は不可。その理由について浅利氏は「展示会に入場できるのは、防衛・セキュリティビジネスの関係者のみ。出展および参加企業は、国や政府機関に認められ、法的に認められたビジネスを行っている、安全保障に貢献する企業や団体関係者です。人の生死がかかっているシリアスな分野であるため、直接のビジネス関係者のみの参加とさせていただいています」と語る。

『DSEI』が日本で初めて開催されることになったことについては、必然の流れがあった。『DSEI』の一番大きなポイントは「安全保障のネットワーキング」。これまでは、欧州を中心にアメリカや南米、中東までの企業と政府のネットワークが形成されてきており、アジアはその網から外れ気味であった。それがここ近年になって、危険な国や地域が出てきた場合は、世界全体で抑え込んでいこうとする時代へと移り変わっているなか、アジアにもそのネットワークの形成を進める流れがあり、「アジアでもっとも安定した民主主義国家であり、かつ政府が安全保障や防衛産業を安定的にコントロールしている国ということで、日本が選ばれたというのが経緯です」(浅利氏)

 2013年以降、日本企業も出展していたが多くても10社程度だった。それが今回は61社へ。日本企業側からは「日本にはこの手の専門的な展示会がなかった。こういった専門的な企業間のネットワークや、政府ときちんと対話のできる場所が初めてできたのは大きな意義がある」などの声が寄せられたという。

■日本の防衛装備はガラパゴス化。一方で危機管理や災害対策では世界の最先端

 近年、安全保障や防衛装備品で世界的に注目されているのはAIやドローン。これらは「新領域」と呼ばれ、ドローンに関してはドローン対処システムも含まれる。こうした分野で最先端をいっているのはアメリカやイギリスやフランスなど。日本は経験値の面で他国に遅れを取っている。

「日本は戦後、とても平和な国になりました。世界的にはいくつかの紛争がありましたが、ありがたいことに日本は戦争の経験をしなくて済んでいます。そのため、世界の現状を知ることがなく、過去の経験と自国の環境だけから“自分たちの装備品”という観点でものを考えていたことが遅れをとった理由のひとつになっています。つまり、世界中の国々とその分野の交流ができておらず、政府や防衛省の要望だけで作ってきましたが、それが正しかったのかという議論が生まれ、見直す時期に入っているのです」(浅利氏)

 日本には国による防衛装備三原則、防衛移転三原則(元・武器移転三原則)の縛りがあり、世界とのネットワークが構築されなかった環境で、ガラパゴス化が進んだ。交流を禁止されていたわけではないが、日本の防衛装備を作っている会社としては、世界の情報は入ってこなかった。結果、海外と連携したときにリンクできないものや、実際に危険地帯で用いた場合、機能しないという問題が指摘され、問題視され始めていた。

「ですが、そのガラパゴス化にはメリットもあったのです」と浅利氏。「例えば今回注目を浴びたのが“お風呂”。世界的にないもので、防衛というより、より大きな危機管理や災害対策という観点で評価されました。また、災害大国がゆえ、自衛隊や日本の警察が災害時にどのような活動をしているかも、世界の同じような機関から関心を集めています。“人の命を守るという意味では、活動は一緒”であり、災害でどのような機材や活動が必要かなど、その点で日本は最先端なのです」

■反戦を唱える一方で武器や戦争をエンタメで描く宮崎駿監督ほかクリエイターの“矛盾”

 だがこうした流れに異を唱える流れもある。人の命を奪うものという考えから、防衛装備ビジネスを「死の武器商人」と排除しようとする団体などの動きだ。同展示会でも、やはり会場外で反対運動が起こっていた。

 一方で、エンタメ業界に目を向けてみると、模型やホビーでは、戦車や戦闘機、戦艦などの人気は高い。映画でも『シン・ゴジラ』の庵野秀明監督が自衛隊マニアぶりを発揮して評価され、宮崎駿監督は反戦を唱える平和主義者である一方、『紅の豚』『風立ちぬ』など戦闘機の魅せ方にこだわりを見せる。押井守監督も『機動警察パトレイバー』など同ジャンルに執着を持つ。このほか『ガールズ&パンツァー』『ストライクウィッチーズ』、かわぐちかいじ作品が人気を集めるなど、戦争映画や戦闘、アクション系の作品は人気ジャンルであり、多くの人が魅せられる分野であるのも事実だ。

「おそらくそれは“非日常”だからでしょう。『シン・ゴジラ』も『ガルパン』も『パトレイバー2』も観ていますが、リアルというよりは純粋に“エンタメ作品”。弊社にも過去、エンタメ系制作会社から監修やアドバイス協力を要請されることがありましたが、人の生死に関わる情報を簡単にエンタメに提供するのはおかしな話。守秘義務もありますし、我々の実世界とは別として、エンタメはエンタメとして楽しんでいただけたらと思っています」

■目をそむけたくなりがちな現実への架け橋となるエンタメの役割

 防衛装備品の展示会とは、安全保障を目的とするもので、それは国民の安全と平和を守るうえで必要不可欠なもの。それが世界とつながっていき、世界標準の技術と信頼性をお互いに持ち、ネットワークを有することで、それがオープンに議論されるようになるのは意義のあることだろう。しかし、それらをすべて否定し、反戦と平和を唱える人々の意識も理解はできる。安全保障の葛藤は人類の永遠のテーマと言える。

 一方、エンタメでは、大河ドラマでも戦国時代を描く作品が高視聴率になるように、戦争や戦闘アクション系作品の人気はいつの時代も高い。とくに男性は本能的に惹かれるものがあるのだろう、好きな人の割合が高くなる。こうしたエンタメとリアルへの感情の相違は、浅利氏が語るように誰もが一線を画しているから起こるのだろう。

 しかし、昨今のエンタメ作品では、『シン・ゴジラ』のようにリアルを追求したものがより注目を集め、人気を得ている。それは、エンタメとは理解しながらも、現実にも関心があり、その分野を知りたいというニーズの表れでもあるだろう。エンタメは、広く一般の人たちにとって、目をそむけたくなりがちな現実を、嫌悪感を抱かせることなく理解させていく架け橋となる役割を担うものでもある。リアルが世界とつながっていくなか、この先、エンタメでもそこからの影響や進化が見られるようになっていき、両者の間の壁が薄くなっていくかもしれない。今後、防衛装備に関するどんなエンタメ作品が登場するのかを楽しみにしたい。
(文/衣輪晋一)