人気アイドルグループ・乃木坂46の鈴木絢音が8日、都内で開催されたテレビ大阪・BSテレ東の真夜中ドラマ『ハイポジ 1986年、二度目の青春。』(11日スタート)の完成披露試写会&記者会見に出席した。

【写真】”80年代アイドル”の衣装と髪型で登場した鈴木絢音と黒崎レイナ

 ドラマの主な舞台は1986年ということで、鈴木は1980年代に秋元康氏がプロデュースしたアイドルグループ「おニャン子クラブ」の衣装として起用され、一大ブームとなったファッションブランド「SAILORS(セーラーズ)」のブルゾンを着用して登場。「80年代アイドルのスペックがすごく高い」と、驚きを語った。

 同ドラマは、きらたたかし氏の漫画『ハイポジ』(双葉社「漫画アクション」連載)が原作。会社をリストラされ、離婚も秒読みで、お先真っ暗だと思っていたある日、気がつくと、時は1986年、心は46歳のまま、身体は16歳の自分に戻っていた…という主人公の天野光彦が、初恋の小沢さつき、高校時代には話したこともなかった現在の妻・幸子との間で、とまどいつつも、高校生に戻って、“2度目の青春”を謳歌する。視聴者も当時にタイムスリップした感覚を味わえるよう、80年代の音楽、ポップカルチャーをふんだんに取り入れた演出に注力した。

 鈴木にとっては、初のレギュラードラマ出演。高校時代の幸子を演じる。「(当時の)アイドルはお歌もうまいし、おきれいですし、音楽はシンプルだけど面白いな、と思います。(いまのアイドルとは)何もかも違う気がします」と、話していた。

 また、タイムスリップするなら「乃木坂46に加入した時に戻りたい。最終オーディションの前に髪を切ってしまった。もし、長い髪のまま受けていたらどうなっていたか気になります」と明かした。髪が短くてもオーディションには合格したわけだが、「切ったことを後悔しています」と、他人には計り知れない思いを吐露していた。

 会見には、16歳の主人公役で主演する今井悠貴、46歳の主人公を演じる柳憂怜、さつき役の黒崎レイナ、46歳の幸子を演じるいしのようこが出席した。

■放送情報
テレビ大阪:1月11日スタート、毎週土曜 深0:56
BSテレ東:1月11日スタート、毎週土曜 深0:00