人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一が6日、都内で行われた自身がアンバサダーを務める映画『フォードVSフェラーリ』(10日公開)の公開記念イベントに、タイトルにちなんでフォード GT40 マークIIに乗車して登場。フォード、フェラーリ計21台、総額50億円(推定)の車に囲まれて「無駄に(テンションが)上がりますよね、この空間がたまらないですよね!」と終始笑みがこぼれていた。

【写真】総額50億!フォードとフェラーリの横を颯爽と歩く堂本光一

 芸能界きってのF1好きとして知られているほどの車好きな光一。GT40に乗った感想は「たまらなかったですね~」と興奮しつつもフェラーリが好きなため「申し訳ないなと思いながら乗っていました」と苦笑いしていた。

 同作は、マット・デイモンとクリスチャン・ベイルが初共演でW主演を務め、66年のル・マン24時間耐久レースの模様が描かれた作品。伝説的なレースと知られており、絶対王者フェラーリに立ち向かった男たちの挑戦の実話であり、熱い友情、チームの絆、不可能に挑戦し続ける姿を描いた奇跡の大逆転の物語が展開されている。

 映画のアンバサダーに就任したがフェラーリ好きなため「『あれ? その時代ってフォードがフェラーリを倒す時代だよなと…』不安になった」と本音を語りながらも「不安な気持ちもありつつ観たら、そんな不安は吹っ飛びました。フォード、フェラーリのやり方を忠実に描いていてフェラーリ好きも楽しめた」とにっこり。

 続けて「『車好き!』と言いながら芸能生活を送ってきたのですが、公言してきてよかったなと思いました。『こんなおいしい仕事をしていいのかな?』と、この場所にいられて幸せです」と喜んだ。

 車やレースの魅力について聞かれると「なんでしょう…」と後ろにある名車を眺めて考え込み「あ、ごめんなさいね、こっち向いちゃいました」と照れ。「フェラーリはレースをするために市販車を作っている会社なんです。フォードは真逆というか…、その2つが戦った時に『どっちがいい車を作るのよ』となる。こんな面白い話はない!」「(レースは『同じところをグルグル走っているだけ』という人に対して)ふざけんなよ!と、どれだけみんなが命を懸けて…」などとヒートアップすると、安東弘樹アナウンサーから「光一さんがだんだんと後ろ向きになっていく…」と苦笑いしていた。