女優の綾瀬はるかが主演した2日放送のTBS系スペシャルドラマ『義母と娘のブルース 2020 年謹賀新年スペシャル』(後9:00)が平均視聴率16.0%を獲得したことが6日、わかった。最高視聴率は主人公の亜希子(綾瀬)が、子育てを放棄した父親に対して、「この方の問題は資質ではなく環境」だと解いたシーン(午後10時49分)で毎分17.4%と好記録を残した(※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【場面カット】帰ってきた”ぎぼむす”!佐藤健らメインキャストも登場

 『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴によ4コマ漫画を原作に、2018年7月クールに火曜ドラマ枠で放送し、全10話平均14.2%の視聴率を獲得した。今回のスペシャル版は、連ドラ版から1年後を舞台としたドラマオリジナルストーリーで描いた。

 今回は、綾瀬が演じる義母・宮本亜希子の新たな勤務先である大阪からスタートし、その後、佐藤健演じる店長・麦田章でお馴じみの「ベーカリー麦田」がある商店街などでもロケが行われ、連ドラ版で亡くなった義母亜希子の夫・宮本良一(竹野内豊)のナレーションで進行した。

 親子の愛、友との絆、支えてくれる周囲の人間たちの優しさに加え、子育てに対する世の中の風潮を秀逸に描き、『子供を育てやすい日本に』というメッセージも強く打ち出し、“ぎぼむす”の世界で描かれる様々な「愛の形」が共感を得た結果となった。

 飯田和孝プロデューサーは「多くの方々にご覧になっていただき感謝の気持ちでいっぱいです。亜希子さんや娘みゆき、そして宮本家を支える人たちを愛していただけたことを本当にうれしく思います。いつの時代も変わらない普遍的なこと、そして少しずつ変わっている関係性を観ていただいたこと、キャスト&スタッフ一同感謝しております。ありがとうございました」とコメントしている。