6人組ダンス&ボーカルグループ・超特急が5日、『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolucion viva』ツアー最終公演を東京・代々木競技場第一体育館で開催。東西のアリーナを回る新たなツアーを6月に行うことを終演後に発表し、リニューアルされたばかりの同会場を埋め尽くした1万5000人の大歓声を浴びた。

【動画】超特急、東西アリーナツアーティザー映像

 2019年はグループ史上最大規模のホールツアーを行い、念願だった全47都道府県開通(=ライブ開催)を達成。今回のツアー『Revolucion viva』も、昨年12月の大阪城ホール2daysと代々木競技場第一体育館3daysを合わせ、全5公演のチケットが即日完売し、お茶の間で彼らを観る機会も増えている。

 『ARENA TOUR 2020 SPRING WELCOME TO THE BULLET TRAIN DINER』と命名された今年のツアーは、6月9&10日に神奈川の横浜・ぴあアリーナMMで、6月13&14日に大阪で行われる。大阪の会場やチケット情報は2月13日に案内予定。また、膝の負傷などで昨年6月から休養中であるユースケの出演は見送られる。

■『ARENA TOUR 2020 SPRING WELCOME TO THE BULLET TRAIN DINER』
6月9日(火) 神奈川・ぴあアリーナMM 開場 午後5:30/午後6:30
6月10日(水) 神奈川・ぴあアリーナMM 開場 午後5:30/午後6:30
6月13日(土) 大阪 ※会場は後日発表(大阪市内)
6月14日(日) 大阪 ※会場は後日発表(大阪市内)