ABC・テレビ朝日系で放送中のアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』(略:スタプリ 毎週日曜 前8:30)の第46話「ダークネスト降臨!スターパレスの攻防」が5日、放送された。プリキュアの敵ノットレイダーの統率者・ダークネストの正体が、13番目のスタープリンセス・へびつかい座のプリンセスだったことが判明した。また、キャラクターボイスを務めた『ポケモンマスターズ』シロナ役、『ぷよぷよ』アルル役などで知られる園崎未恵からコメントも寄せられた。

【画像】敵の正体に驚くプリキュアたち…場面カット公開

 第46話は、すべてのトゥインクルイマジネーションを見つけ出し、スターパレスに向かうプリキュアたちが登場。12星座のプリンセスから教えられた、トゥインクルイマジネーションとフワの力を使って宇宙に平和を取り戻すための儀式を行う際、敵のノットレイダーの総攻撃が始まり、そこに本当の姿、声すらも今までわからなかったダークネストが登場した。

 役作りは苦労があったそうで「ダークネストは名前の通り『闇の巣』。正体のわからない、姿形も性別も不明という敵役をどう演じるか、シリーズディレクター宮元宏彰監督から多くのディレクションをいただき話し合いながら、私自身手探りでスタートしたキャラクターでした。敵役のボスというアイコン的な形を取りながら、人が人それぞれ抱える“闇”をどう捉えていくかを、明るいお話の片隅でシリーズ前半からずっと考えていたという、寂しくも楽しい作業でした」と告白。

 キャラクターについても「みなさんは『へびつかい座』、ご存知でしょうか。13星座占いなどで聞いたことがあるかと思いますが、今現在、地球から見た星空での太陽が通る道(黄道)にある星座のうちのひとつです。12星座のホロスコープが誕生した当時には黄道からは外れていた星座で、地球の自転軸の傾きでへびつかい座に太陽が通るようになって、新しい星占いといったような形である時期登場しましたが、あまり世の中には馴染まなかったといういわくのある星座です」と説明。

 続けて「実はダークネスト初登場の際に『ダークネストの正体はへびつかい座のプリンセスです』と早々に衝撃の説明を受けてしまい、ダークネストは“ダークネストという存在”だと思っていたわたしは、びっくりしてしばらく言葉を失ってしまったのですが、へびつかい座のプリンセスが何故そうなったのか、イマジネーションの力をどうして忌々しいと思っているのか、お話を聞くにつれ、星座占いでのへびつかい座や、わたしの中で推察された“ダークネストの部下たちの姿が日本の妖怪を模して描かれている理由”が、今回のシリーズの根幹のテーマ『多様性』に一気に結びついて、ざあッと鳥肌が立ってしまったのを覚えています。と同時に、『なんてお役を頂いたんだ…』という責任感というか。あの感覚は、たぶん一生忘れないと思います」と驚きと作品に出演できた喜びを伝えた。

 また「宇宙のプリキュアたちの最後の戦いが始まります。未知なる宇宙は多様性のかたまり。人は星であり、人の心は星空という宇宙です。この一年で、たくさんの“星”と“星空”を見てきたひかるたちを、どうぞ最後まで見届けてください」とクライマックスを迎える同作の魅力を呼びかけた。