3日にテレビ朝日系でスタートした新春3夜連続ドラマ『破天荒フェニックス』の第2夜が4日(後11:15~※一部地域を除く)に放送される。誰もが「絶対に倒産する」と断言した大赤字のメガネチェーンを買収した一人の若者が絶体絶命のピンチを何度も乗り越えて仲間と世界進出するまでを描いた実話が基の“ウソみたいなホントの話”を勝地涼主演でドラマ化。破天荒な茶髪社長・勝地と、相棒となる経理担当・伊藤淳史、そして共に荒波に漕ぎ出す社長室のメンバー・瀧本美織、稲葉友、丸山智己。作品同様、実際にもチームワーク抜群の5人による座談会の模様をお届けする。

【写真】第2夜にラバーガール大水が登場

■まずは全員かしこまって作品への思いを激白!

【勝地】原作を読ませていただいて、ウソみたいな奇跡のような話だなと思ったし、“こういう人がいるんだ!”“こういう社長がいるんだ!”っていうのを知ることができました。今の時代って、ちょっと冷めた人が多いと思うんですけど、この本を読んで“熱く生きたっていいんだ!”ってワクワクしたんです。連続ドラマで主役をやるのが初めてなんですが、この作品で、この役をやれるのがうれしかったです。

【伊藤】“やり過ぎでしょ!”とか“ドラマチック過ぎるでしょ!”ってツッコみたくなるくらい、本当に衝撃的で破天荒な話なんですよ。でも、やり過ぎに見えるけど…実話をベースにした話って強いなと思いました。みんなで思い切り破天荒なキャラを演じ抜きました。

【瀧本】社長のバイタリティーとか即決するスピードとか、仲間を大切にする気持ち、すごく大切なものがいっぱい詰まった作品だと思います。すごく充実した撮影期間を過ごして、私たちも本当の仲間になれた気がします。

【稲葉】膨大なエネルギーのあるお話だなって思ったんです。しかも、それが実話を基にしてるって! 人と人が関わって起こる問題や、それによって起こるドラマチックなできごとの連続なので、それ相応のエネルギーをもって臨まないといけないなと思っていました。

【丸山】ドキドキする展開がジェットコースターのように続くので、実際にあったことだなんて信じられない気持ちでした。今回、初めてご一緒する方が多かったんですが、こんな破天荒な人たちをどう演じるんだろうって、すごく楽しみだったんです。フタを開けてみたらすごくいいチームになりました…って、みんな笑ってるよね(笑)。

【勝地】いや、なんかいつもと違うなと思って…みんな、かしこまってるよね(笑)。

【伊藤】いつもこんな感じですよ。

【稲葉】いやあっくん、全然違う…。

【瀧本】ホント(笑)。

【伊藤】なんか、僕だけ違うみたいに言われていますけれども、いつもこんな感じです。とにかく明るく楽しくっていうことだけを考えて、マジメに現場を盛り上げていました(笑)。

■「NG出してもギスギスしないようにしよう(笑)」と自然にせりふ合わせ

【勝地】お金に関することとか専門用語も多いので、早めにせりふを入れて理解しておかないとスラスラ出てこなくて大変なんですけど、抱えている不安はみんな一緒だったんですよね。だから現場で空き時間に僕がポロッとせりふを言うと、みんなが自然と続けてくれるんです。今までの現場の中で一番せりふの練習をしましたね。そういうのもあってチームワークもできてきたのかなと思います。

【伊藤】社長室のシーンはせりふの量がすごいんですよ。しかも一日に撮る分量もすごい(笑)。でもこのメンバーだから、次撮るシーン、明日撮るシーンって、合間にみんなでせりふ合わせをしていました。それはやっぱり涼くんがやろうって言ってくれたからだよね。

【稲葉】初日に言ってくれたんですよね。『どんどんやってこう』って。

【伊藤】そうそう、あれは大きかったですね。あの一言があったから、頑張って乗り越えられたよね。あと、『NG出してもギスギスしないようにしましょうね』とか(笑)。

■勝地涼&伊藤淳史は現場巻き込み型のナイスバディ

【勝地】伊藤さんとは現場でずっと一緒にいました。あと空き時間もずっと一緒にしゃべっていましたね。心掛けたわけじゃないですけど、伊藤さんが本当にしゃべりやすい方で、初日から一緒にいるのが心地よかったんです。不安だからせりふをなるべく早く覚えておきたいとかタイプも似ていたので、『じゃあ練習しましょう』とか『NG出してもギスギスしないようにしましょうね』って話していました(笑)。

【伊藤】そうだったね(笑)。

【勝地】そういうことを結構初日に話せたので、呼吸ができていったのかなという感じはします。どんな球を投げても、伊藤さんが全部受け止めてくれるので、安心感はありました。

【稲葉】僕らはそんなお二人を見ていて、めちゃめちゃ楽しかったですよね。

【丸山】うん、楽しかったね。

【稲葉】二人だけで盛り上がるんじゃなくて、僕らも巻き込んでくれるので。現場全体を楽しい空気にしてくれる二人なんです。

【瀧本】二人が見つめ合うシーンがあるんですけど、ちょっと恋人みたいというか、愛を感じたというか…。

【伊藤】愛を感じちゃったの(笑)?

【稲葉】『おっさんずラブ』の話をしてるの(笑)?

【瀧本】そうじゃないんだけど(笑)、それくらいの絆を感じたの!

【丸山】僕がクランクインした時には、もうすでに空気ができ上がっていたんですよ。せりふ量も多いし、みんなどうしてるんだろうなって不安もあったんですけど、最初に『せりふの量も多いし、ギスギスはやめましょ!』って言ってくれたんです。それで気が楽になって、初日からバカ話で盛り上がりました(笑)。

【稲葉】あと、社長のせりふで「やりなよ」っていうのがあるんです。社員の提案を即決して、「やりなよ、任せるよ」って言うんですけど。なんかそれに全員がすごくハマッちゃって。勝地さんの中毒性のあるせりふの言い回しもあったんだと思うんですけど、毎日みんなで言ってました(笑)。

【丸山】そうそう!…やりなよ。

【伊藤】任せるよ。

【稲葉】だいたい誰かが「やりなよ」って言ったら、淳史さんが…

【伊藤】任せるよ。

【丸山】あっくんには、そんなせりふないんですけどね(笑)。

【伊藤】そうなんですよ! 役柄的には「おいおい、やりなよなんて言うなよ!」って止める側なので(笑)。だから憧れみたいなのがあったんでしょうね、「任せるよ」って言葉に(笑)。

【丸山】ホントにずーっと言ってたねぇ。

【伊藤】でも、そういうのでチームワークって生まれるじゃないですか。

【勝地】楽しかったねぇ。

■勝地涼は自称・破天荒!…しかしその真相は?

【伊藤】僕のほうが涼くんよりほんのちょっとだけ先輩なんですけど、特にそういう感じでもなく(笑)。初日から仲良く、ずっと待ち時間も話していました。それは僕にだけでなく、ほかの出演者の皆さんにも、スタッフの皆さんにもそうだし。気を遣いすぎることもなく、いい空気感で現場が進んでいましたね。座長によって現場の空気って変わると思うし、待ち時間の感じとか取り組み方も変わると思うんですけど、絶妙なバランスと空気の作り方をしてくれたので、いい座長だなって思います…このくらいでいい?

【勝地】…もうちょっと(笑)。

【稲葉】足りなかったらしい(笑)。

【丸山】個人の仕事だから、どうしたって皆さん壁があるじゃないですか。自分のやり方もそれぞれあると思うし。特に主役は抱えなきゃいけないものも多いと思うんですけど、そういう垣根が全然なくて、みんなを一体にしてくれたのは主役の懐の深さなんじゃないかなと…こんなもんでいいですかね?

【勝地】…もうちょっとだけ(笑)。

【稲葉】なんだろう、巻き込んでくれる力がすごく強い人だなって思いました。なんか…絶妙なんです。後輩心もめっちゃわかってくれるし、先輩への敬意もしっかり払われてるし。

【伊藤】え? 先輩への敬意?

【稲葉】え? 記憶違い(笑)? あと、みんなの呼び名をどうしようかって話になったんですよ、仲良くなるために。伊藤さんは「あっくんって呼んで」って言ってくれて。それ以来、僕らもあっくんって呼ばせていただいてるんですけど。涼さんは「じゃあ俺、“主役”って呼んで」って(笑)。だからこの現場はみんな涼さんのことを“主役”って呼んでるんです(笑)。

【丸山】これ、ウソみたいなホントの話なんですよ(笑)。

【瀧本】うん、ホント(笑)。

【稲葉】仲良くなってSNSのトークグループができたりなんかして、そのグループ名が“勝地・主役・涼”っていう、ミドルネームみたいになってる(笑)。

【勝地】だってホントのことだから(笑)。

【稲葉】このスタンスがむしろ気持ちよくて。

【瀧本】そうそう、もはや気持ちいいんです!

【伊藤】言わなくてもみんな主役だってわかってるのに(笑)。

【稲葉】でもこれが心地よくて、すごくいい現場だったなって。先輩も後輩もやりやすい現場。

【瀧本】私、男性陣の中で女性一人なんですけど、そういうのも関係なく、会話に参加させてくれるというか、気を遣わせない雰囲気を作ってくださいました。主役は、壁がない方なので。

【勝地】主役ってあまり経験したことないんですけど、今回は皆さんに調理してもらう気分でいたんです。普段はもう少し神経質なところがあったりするんですけど、そこを飛び越えてザックリ楽しむようにしてみたんです。そうすると、皆さんがそれぞれのキャラクターで面白くしてくださるんだろうなって。気負わず、ありのままの自分でいられたらいいなと思っていたので、普段のままでした。皆さんとコミュニケーションを取りながらやっていったら、ホントにみんなが仲良くなったので、それがすごくうれしいです。撮影が終わったら飲みに行こうって話もしています。

【伊藤】「僕、主役なんで」とかふざけて言うんですけど、実はかなりマジメなんです。せりふめっちゃ覚えてるし。「せりふ覚え悪い」って言いながら、すごい勢いで完璧にやりきる。でも、あんまりそんな感じに見えないじゃないですか(笑)。でもね、ホントにマジメ!

【勝地】全然マジメじゃない。マジメじゃないよ!

【伊藤】ほら! こうやってごまかさないと自分の中でバランスが取れないんでしょうね(笑)

【勝地】違うよ、俺、破天荒だから(笑)!

■「この先どんな時代になっても人と人が助け合う大切さは変わらない!」

【勝地】原作の田中(修治)社長もそうだったと思うんですけど、絶対につらくて下を向きたかった瞬間もあったはずなのに、常に前に進み続ける道を選んだんですよね。この作品をやっている時、“もっと頑張ろう”とか“悩むんだったら先に進もう”とか…そういう意欲みたいなものがすごく湧いてきたんです。

 それが見た人にも伝わるといいなと思います。あと、この作品には、3・11の地震のことも出てくるんです。そこで何をするべきかっていう判断の早さ、「じゃあ行こうよ」「俺らにできることはこれしかない。だったらやろうよ」という行動力、この先どんな時代になっていくかはわからないけど、人と人が助け合って生きていかなくてはならないっていうことに変わりはないと思うんです。この作品でそういう前向きな気持ちや、人と人が助け合っていく大切さをすごく感じたので、見てくれる人にも伝わればいいなって…主役は思う。

【瀧本】締めくくりに…!?

【稲葉】まだ言うの!?

【丸山】いいこと言ってるんだけどねぇ、ホントに。

【伊藤】恥ずかしいんだよ、こういうマジメな良いことを言うのが。「主役」って言わないと、バランスが崩れちゃうの(笑)。

■『破天荒フェニックス』第2夜あらすじ

 沖縄に出店した新店舗のオープン記念半額セールが大成功し、新規店舗を増やし続けるメガネチェーン・サンデーズ。会社全体の売上も上がり、好調の波に乗った矢先、社長の田村雄司(勝地涼)が、赤字の雑貨チェーン・ファニー&ファンを買収すると言い始める。雄司は、マーケティング戦略が巧みでショッピングモールへの出店数も多いファニー&ファンを手に入れると、サンデーズの弱点を補うことができると自信満々!

 経理担当の奥田吉弘(伊藤淳史)は、文句を言いながらも資金繰りに奔走し、かき集めたお金でなんとか買収することに成功。雄司が新社長に、元社長の中村(相築あきこ)が副社長に就任する。

 そんな矢先、ライバルのメガネチェーン・スミスが薄型レンズの追加料金0円という、追加レンズで利益を出すことが定石といわれているメガネ業界を揺るがすほど衝撃的な戦略を打ち出してくる。何か手を打たなければスミスの独走を許すことになってしまう…と、サンデーズの面々が頭を抱える中、商品部の部長・橋本悟(丸山智己)は、他社との差別化を図るため、鯖江で見つけたメーカーの藤林光学が作った画期的なフレームを用いて、新しいハウスブランドを設立することを提案。雄司とともに藤林社長(升毅)との交渉に向かう。

 社員が一致団結し、打倒スミスに燃える中、なぜか“サンデーズが倒産寸前”というウワサが流れ始める。さらに、これまでは商品が売れてから決済する信用取引を行ってきたファニー&ファンの納入業者が一斉に現金での決済を要求し始める。業者の人たちを集めて説明会を行う雄司だが、飛び交うヤジの内容から、内部情報が流出していることを確信する。誰が情報を漏らしたのか…雄司をはじめメンバーたちは疑心暗鬼になってしまう。そんな中、ファニー&ファンの副社長・中村の側近である山本(大水洋介)が、不穏な動きをしだして…。