落語家の桂伸乃介(かつら・しんのすけ 本名:伝川博/つたがわ・ひろし)さんが1日午前1時10分、急性骨髄性白血病のため都内の病院で亡くなった。66歳。3日、落語芸術協会が伝えた。

【写真】山遊亭金太郎さん、急性骨髄性白血病で死去

 伸乃介さんは1953年生まれ、東京・渋谷区出身。70年に十代目桂文治に入門し「桂ひろ治」を名乗る。76年に二ツ目へ昇進し「桂伸乃介」となり、86年、真打に昇進した。

 得意演目は「長短」「ろくろっ首」「千早ふる」「真田小僧」ほか。先代文治師匠の演目や滑稽噺を軽妙に演じ、その高座は寄席番組に欠かすことのできない存在だった。楽器演奏も得意とし、寄席興行における二人羽織で三味線を弾き、また噺家バンド「にゅうおいらんず」ではピアニストとして活躍した。昨年12月14日、お江戸上野広小路亭での「千早ふる」が最後の演目となった。

 通夜は9日、葬儀告別式は10日に堀ノ内斎場(東京・杉並区)で執り行われる。