タレントの堀ちえみ(52)が3日、自身のブログを更新。昨年2月にステージ4の舌がんであることを公表し、手術を経て壮絶なリハビリを続けてきたが、7日に放送される『徹子の部屋』(正午~12:30)の収録で復帰したことを報告した。

【写真】黒柳徹子と収録の模様

 堀は、昨年のゴールデンウィーク明けには主治医から復帰も可能との見解が出ていたことを明かしつつ「しかし私自身がまだまだリハビリを重ねて、もう少し話せてからの復帰を希望し、年も明けて心機一転、このタイミングで、復帰する事を決意致しました」と説明。「その最初のお仕事として、テレビ朝日『徹子の部屋』に、番組出演させていただく事となり、先日収録を終えました」と報告した。

 黒柳について「私がまだデビューして間もない頃から、大変お世話になった大先輩です。今回の病気もとても心配して下さり、励ましのお手紙も頂戴致しました。そして復帰の背中も押していただき、『徹子の部屋』からのスタートとなりました」と深い関係を明かし、「番組内では徹子さんと、いろいろな話をさせていただきました」と振り返っている。

 また、「これからは今までとは違う活動も含め、再生された私だからこそ出来る、経験を活かしたお仕事をしたいと、思っております。発語の方もまだまだリハビリ中ですが、引き続き頑張って参りたいと思って居ります」と決意表明。「この先どこまで上手く話せるようになるかは、まだ未知ですが…どうぞ温かく見守っていただけたらと思います」と呼びかけている。