俳優の木村拓哉が主演したTBS系日曜劇場『グランメゾン東京』の最終回(昨年12月29日放送・30分拡大)の平均視聴率が、同時間帯トップかつ番組ベストとなる16.4%を記録したことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】玉森裕太、中村アンらキャスト陣もクランクアップ

 同作は、10月20日の初回放送は平均視聴率12.4%でスタート。その後も12月15日の放送では14.7%を記録するなど、回を増すごとにその展開は好評を得ていたなか、最終話の放送で有終の美を飾る結果となった

 さらに、総合視聴率(リアルタイムでの視聴率に加えタイムシフト視聴の測定を加えた視聴率)でも全話20%越えを記録しており、本作が様々なライフスタイルの視聴者に支持を得た(集計は8話までの総合視聴率、番組は全11話。12月25日時点)。

 本作は木村拓哉演じる尾花夏樹、鈴木京香演じる早見倫子をはじめとする登場人物たちが、「夢に向かって一生懸命に取り組む“大人の青春”」が視聴者たちの心を引きつけた。夏の暑い盛りにパリでクランクインし、パリの三つ星レストラン「ランブロワジー」での撮影や、フランス大使館の撮影協力、東京で三つ星を取り続ける岸田周三シェフの「カンテサンス」と、気鋭の話題のレストラン「INUA」がドラマの料理を監修をするなど、その料理への本格的な取り組みも注目を集めてきた。

 ドラマ放送中にはミシュランガイド東京2020の発表があり、「カンテサンス」が13年連続の三つ星、「INUA」は開店2年目にして二つ星を獲得し、ドラマに関わる2店の快挙が話題を呼んだ。