サッカー界のレジェンド・澤穂希が、3日にテレビ朝日系で放送される『警視庁・捜査一課長 正月スペシャル』(後9:00)にゲスト出演。ドラマ初出演を果たす。

【写真】捜査員に囲まれるシーンも

 同ドラマは、俳優の内藤剛志が主演するヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一と捜査員たちの奮闘を描く、刑事ドラマシリーズの最新作。“自殺ではないと言い張る遺体”が見つかった――という奇妙な知らせが大岩に届くところからはじまるストーリー。

 被害者は、8年前、強盗殺人事件で誤認逮捕された過去を持つ、元外食チェーン社長・片倉義彦(長谷川朝晴)で、彼は廃ビルの屋上から転落死したようだが、遺体のそばに落ちていたスマートフォンに「自殺ではない。殺された」と書き残されていた。まもなく事件直後、元捜査一課刑事の“ジンジャー”こと陣内綾(伊藤歩)が現場にいた事実が判明。実は、綾は片倉を誤認逮捕した張本人。片倉の死と元刑事・綾は関係しているのか!? 大岩は自らの進退をかけ、綾を捜査に加えるという前代未聞の決断を下す。大岩が刑事人生を賭して挑む“最後の事件”の真相とは!?

 澤が演じるのは、殺人事件の第一発見者となるサッカーコーチ、玉賀友代(たまが・ともよ)。劇中では、足元に転がってきたサッカーボールを蹴るシーンもあっったが、撮影が行われた場所はグラウンドではなく、公園の一角。撮影チームに囲まれながらも、澤が蹴ったボールはゴールの中へ。目の当たりにしたほかのキャスト&スタッフからは「おおー!」という歓声が上がった。さらには、遺体を発見して驚愕する場面や、大岩らに事情を聴かれて証言する場面などにも果敢にチャレンジした。

 CMで演技経験はあるものの、ドラマで本格的に役を演じるのは初めてという澤は「お話をいただいた時は、ただただビックリしました。経験のない事だったので、“どうしよう? こんな私が受けても良いものなのか?”と、とても迷いました。でも、悩んでいるということは、挑戦したいっていうことなんだろうなと思い、ありがたくオファーをお受けすることにしました!」と、出演を決意した心境を告白。

 事件現場に出くわすという難しい演技にも、「実際に遺体を見た経験がないので、どう演技をしたら良いのかと難しかったですが…監督が“こういう感じでやってみてはどうですか?”と何度も教えてくださったので、自分なりに頑張って演技してみました」と持ち前のガッツで挑み、驚く表情をリアルに表現。

 撮影を終えた後は、「本当に楽しかったです。図々しくも(笑)また演技したいなと思いました」と、緊張しつつも撮影を楽しんだことを明かし、「また機会があるとすれば…『警視庁・捜査一課長』に出演したいです」と充実感いっぱいの笑顔を浮かべていました。

 そんな澤のドラマ初挑戦を見届けた内藤は「せりふも長めでしたが、しっかり演技してくださって、世界を相手に闘った人ってやっぱりスゴイなと思いました。何事からも逃げたりせず、自分を追い詰めて集中力を高めてきた方だからこその演技でした」と、ただただうなるばかり。

 やさしく謙虚な人柄にも感心した様子で、「待ち時間には、僕らおっさん俳優たちにサッカーの話をしてくれて、しかも劇中でシュートまで披露してくれるなんて…。澤さんは女性ですけど、まさに日本の“ヒーロー的存在”。2ショットの写真も撮ってもらって、僕の宝物が増えました(笑)」と、大喜びだった。

 「視聴者のみなさんには画面からレジェンドの力強さ、すごさを感じていただけるのではないかな。澤さんが登場してくださることにより、お正月にふさわしい、ハッピーでおめでたい気持ちをみなさんに味わっていただければうれしいですね」と、澤が出演する正月スペシャルをアピールしていた。