12月31日から1月1日の年末年始にかけ渋谷駅周辺でカウントダウンイベント『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2019-2020』が行われ、今年はスクランブル交差点を中心に約10万8500人が参加した。

【写真】はじめしゃちょーらが参加したテープカットの様子

 31日午後9時、警視庁による交通規制が開始され、午後10時半に歩行者のために道路が開放。新年を渋谷で迎えようと“2020”と書かれたグッズや干支の“子年”を想起させる格好の人々が続々と集合した。

 スクランブル交差点内には『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2019-2020』オリジナルデザインを施したステージカーが設置され、午後11時40分になるとスクランブル交差点に面した渋谷駅前の5面の街頭ビジョンでカウントダウンに向けたオープニングムービーが上映された。ステージカーに日本を代表するYouTubeクリエイターのHIKAKIN、水溜りボンドの2人、東海オンエアの6人が登場すると、会場の熱気は一気に高まった。

 HIKAKINは、「この場所に立てたことを一生忘れません! 楽しい時間を過ごしましょう!」と、この特別な空間に立てた喜びを語り、水溜りボンドと東海オンエアのメンバーも「こんな素晴らしいステージは初めて! 2020年はもっともっと色々な活動をしていけるようにがんばります!」と来年への意気込みを興奮気味に語った。

 そして、2019年も残り5分となった11時55分、5面の街頭ビジョンに映し出されたのは、特別協賛である「コカ・コーラ」の顔としてCMにも出演する綾瀬はるか。綾瀬が「いよいよ2020 年がやってきますね!年があける瞬間は『コカ・コーラ』で、『コークであけおめ!』 とカンパイしましょう! それではもうすぐカウントダウンです!」と会場に呼び掛け、さらにはスペシャルゲストとして、コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当オフィサーの北島康介氏、続いて福原愛選手も登場した。

 司会の呼びかけとともに、スクランブル交差点では60秒前から盛大なカウントダウンを開始。年越しの瞬間は「3、2、 1、ハッピーニューイヤー!」とみんなで声を合わせ、集まった全員が一体に。街頭ビジョンに新年を祝う映像が流れ、スクランブル交差点はお祝いムード一色に包まれていた。

 その後、興奮冷めやらぬ中、HIKAKINたちと入れ替わりでYouTubeクリエイターのはじめしゃちょー、フィッシャーズらが特設ステージカーに登場し、東京2020が開催される記念すべき年の幕開けを祝福するテープカットセレモニーも執り行われた。