毎年1月1日にNHKで生放送される『ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2020』。Eテレ(後7:00~10:00)では、女優の草笛光子と中谷美紀がゲスト出演。ウィーン楽友協会前の特設スタジオから演奏会に華を添える。

【写真】ウイーンからの生放送に草笛光子も出演

 演奏会の幕あいや終了後に、演奏を終えたばかりのウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の楽団員をスタジオに招き、ニューイヤーコンサートをより深く楽しめる話もお届け。今回、演奏会終了後に、中谷の夫で、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏が登場することが決定。2018年11月に結婚して以来、2人がテレビで共演するのは初となる。

 今年の指揮台にはウィーン・フィルが厚い信頼を寄せる指揮者アンドリス・ネルソンス氏が初登場。また、2020年はベートーベン生誕250年のアニバーサリー・イヤーに沸くウィーンの様子も伝える。

■曲目
喜歌劇「軽騎兵」序曲(スッペ 作曲)
12のコントルダンス から(ベートーベン 作曲)
トリッチ・トラッチ・ポルカ(ヨハン・シュトラウス 作曲)
ワルツ「美しく青きドナウ」(ヨハン・シュトラウス 作曲)
ラデツキー行進曲(ヨハン・シュトラウス父 作曲)
ほか

■放送情報
Eテレ:1月1日 後7:00~10:00(生放送)
FM:1月1日 後7:15~10:00(生放送)