12月20日に公開され、世界中で大ヒットしている映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(公開中)。1977年に公開された『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(ジョージ・ルーカス監督)から42年かけて全9作が出そろい、スカイウォーカー家の物語が完結した。結局、『スター・ウォーズ』とはなんだったのか。

【動画】「スター・ウォーズ」の歴史がつまった特別映像

 全9作に出演した唯一のキャスト、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズは、12月16日(現地時間)のワールドプレミア会場でこう語っていた。

 「ジョージ・ルーカスの行ったすばらしいことのひとつは、この『スター・ウォーズ』をみんなの“砂場”のようなものにしたこと。人々もそれを受け入れて、三世代にもわたって、この“砂場”で遊び、物語を作り、衣装を作り出し、ダークサイドだろうがライトサイドだろうが喜びを共有してきたことです。映画には、みんなのための何かが、誰かがいつもそこにあるのです」。

 「砂場」とは言い得て妙。実際、コスプレやプロモデルづくり、物語を突き詰めて考えるなど、好きな遊びを見つけて、面白さや楽しさを他者と共有し合うことができる場所が「スター・ウォーズ」。物語が完結しても、ファンがこの“砂場”遊びをやめることはないだろう。

 とはいえ、「スター・ウォーズって何が面白いの?」と思っている人もいるに違いない。今回は「スター・ウォーズ」にあまり興味がない人向けに最新作の楽しみ方を紹介する。

■ほぼ予備知識なしで楽しめる

 「フォース」や「ジェダイ」「ライトサイド/ダークサイド」など、いろいろな設定はあるが、映画を観るにあたってほぼ予備知識なしでも楽しめる、というのが世界中で愛される理由の一つだ。それは、1作目『新たなる希望』から一貫していることで、そのために有名な「遠い昔、遥か彼方の銀河系で...」で始まる黄色い文字のオープニングロールがある。

 『新たなる希望』でいえば、いきなり「時は内乱のさなか。凶悪な銀河帝国の支配に反乱軍の秘密基地から奇襲を仕掛け帝国に対し初めて勝利を収めた。更にその戦闘の合間に反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功。(以下略)」と、始まる。

 なんのこっちゃ、と思うだろう。実際、全米公開前、関係者からの反応は散々で、ジョージ・ルーカスはすっかり自信を失い、プレミア上映にも出席せず、全米公開初日にはハワイの別荘にこもっていたという逸話もあるほどだ。しかし、フタを開けてみたら、かつてないほどの熱狂と大ヒット。全米でたった32館での上映から3ヶ月後には900館にまで拡大された。当初は、続編の製作については未定だったが、後にルーカスが全9作の構想を明らかに。そして、新作を公開するたびに、新しいファンを獲得し続け、二世代、三世代で楽しめるシリーズとなって現在に至る。

 『スカイウォーカーの夜明け』もオープニングロールの説明だけで十分、物語に入ることができる。J.J.エイブラムス監督も、インタビューで「これは独立した作品でなければならない。これを観に行く人が、前の映画をまた見直しておく必要はない。続編は、往々にして、観客がすでにキャラクターに大きな思い入れを持っていると決めつけて作られるが、僕らはそうは作っていない。これは、独立した1本の映画として完成させなければならない。同時に、9本の完結編でもある。なかなか難しいことではあった」と、語っていた。その「難しいこと」をやってのけた、という自信に満ちた表情で。

■知っておいて損はない3つのポイント

 予備知識なしで楽しめると言いつつ、最低限知っておいてもいいかもしれないポイントを3つ紹介する。

▼主人公レイは、スカイウォーカー家の血筋ではない

 「スター・ウォーズ」は、銀河宇宙を支配しようとする勢力と、自由を求める人たちの戦いの物語であり、その中心にいたのが「フォース」という未知の力を宿したスカイウォーカー家の人々だ。

 最初の3部作(『エピソード4』『エピソード5/帝国の逆襲』『エピソード6/ジェダイの帰還』)の主人公は、ルーク・スカイウォーカー。辺境の惑星タトゥイーンで、養父母のラーズとともに暮らし、いつかこの星を離れ、宇宙を駆けるパイロットになることを夢見ていた少年が、C-3PO、R2-D2、そしてオビ=ワン・ケノービと出会い、レジスタンス軍のプリンセス、レイア・オーガナの危機を救って、パイロットになるという夢を実現させ、レジスタンスの戦士として活躍する。

 実はルークとレイアは双子の兄妹で、父親アナキン・スカイウォーカーは帝国軍の総統ダース・ベイダーとなっていた(アナキンがダース・ベイダーになった経緯は、前日譚3部作『エピソード1/ファントム・メナス』『エピソード2/クローンの攻撃』『エピソード3/シスの復讐』で描かれる)。

 ダース・ベイダーは、ルークに「手を組んで一緒に銀河を支配しよう」と誘うが、ルークは拒否(『帝国の逆襲』)。その後、ルークは父を改心させ、帝国軍のトップ、パルパティーンが倒されて、帝国軍は崩壊する(『ジェダイの帰還』)。

 しかし、平和は長くは続かず、30年後の銀河宇宙では、帝国の意志を継ぐ新勢力ファースト・オーダーが猛威を奮っていた。そのファースト・オーダーの幹部のひとりがカイロ・レン。彼は、レイアとハン・ソロの息子ベン・ソロだった(7作目『フォースの覚醒』)。

 そんなスカイウォーカー家の人々とは無縁だった、辺境の惑星ジャクーの砂漠で、クズ鉄を集めながら孤独に暮らしていた若い女性がレイだ。幼い頃に別れた家族との再会を願っていたが、レジスタンス軍のパイロット、ポー・ダメロンの相棒ドロイドBB-8を助けたことから、元ストームトルーパーのフィンと出会い、レジスタンスとファースト・オーダーの戦いに巻き込まれていく。

 なんと、彼女もフォースの持ち主で、カイロ・レンと戦い、ルークとの出会い(『最後のジェダイ』で描かれた)によってますますフォースの力を強めていく。その強いフォースから、レイの出生の謎についてはファンの間でも数々の憶測が飛び交っていたのだが、『スカイウォーカーの夜明け』で、その謎が明かされることになる。

▼カイロ・レンは結局、何がしたい?

 レイがフォースを覚醒させるきっかけとなった、カイロ・レン(ベン・ソロ)。彼は、フォースが強いスカイウォーカー家の血筋であり、叔父ルークのもとで修業していたが、日に日に祖父ダース・ベイダーを崇拝する気持ちを高めていく。彼を悪の道(ダークサイド)に誘ったのは、ファースト・オーダーの最高指導者スノーク。ルークのほかの弟子たちを皆殺しにしてファースト・オーダーに入り、カイロ・レンと名乗るようになる。さらに父親ハン・ソロすらライトセーバーで刺し殺し、完全なる闇への道を突き進んでいく。

 まるで、思春期に孤独と不安にとりつかれて悩み、挫折感に追い込まれ、甘い言葉に誘われて非行に走ってしまう少年のようなカイロ・レン。自分ではもう悪の道から引き返せないと思っている節があり、祖父ダース・ベイダーことアナキンとも重なるところだ。

 そんなカイロ・レンとレイは遠くに離れていてもフォースによる意思疎通ができるようになる。前作『最後のジェダイ』では、レイとともにスノークを倒し、宇宙を支配するため、レイに「手を組んで一緒に宇宙を支配しよう」と誘うが、拒否されて逆ギレ。ファースト・オーダーの最高指導者を宣言して、レジスタンス軍を壊滅状態に追い込んだ。しかし、レイのことをあきらめきれていないようで…。

▼パルパティーンって何者?

 『スカイウォーカーの夜明け』の映像が初公開された特報の最後に響き渡った不気味な笑い声の主が、パルパティーン。『新たなる希望』では言及があっただけで登場してないが、『帝国の逆襲』で初登場し、『ジェダイの帰還』、そして前日譚3部作に登場している「スター・ウォーズ」ファンにはおなじみのキャラクター。「シスの暗黒卿」「皇帝」も呼ばれる、すべての元凶、悪の化身だ。

 強いフォースの持ち主で、さらにアナキンの力を利用しようと悪の道へと誘い続け、アナキンが元の師匠オビ=ワン・ケノービとの決闘の果てに瀕死状態に陥っていたところを救出し、ダース・ベイダー(黒い装甲服とヘルメットは生命維持装置)として弟子にする。その後は、ダース・ベイダーを自身の手足として、銀河における絶対的権力を握り、恐怖政治を行った。

 『ジェダイの帰還』で、ルーク、ダース・ベイダー、パルパティーンが一堂に会したクライマックス。パルパティーンはルークのこともダークサイドに引き入れようとするが、ルークはこれを断固拒否。怒ったパルパティーンがルークにとどめを刺そうとしたところ、ダース・ベイダーが改心し、自らを犠牲にしながらパルパティーンを第2デス・スター(宇宙要塞)の反応炉へと落下させ、滅ぼしたことになっていたが…。

 『スカイウォーカーの夜明け』の公開前からJ.J.エイブラムス監督は、『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』、そして『スカイウォーカーの夜明け』が、エピソード1からエピソード6の物語と地続きである以上、パルパティーンの再登場は「不可避だった」と明かしている。さらに「パルパティーンは、自らの失敗から学んだ。だから今回はもっと恐ろしい。そんな相手に、新しいキャラクターたちはどうして、どうやって、挑むことになるのか。それを見た観客が満足してくれることを願う」と、話していた。

 ちなみに『ジェダイの帰還』で第2デス・スターを破壊したのは、『スカイウォーカーの夜明け』に再登場するランド・カルリジアン。監督の言う「地続き」を象徴する存在の一人だ。ほかにも、これまでのシリーズに登場した懐かしいキャラクターが登場し、大団円を迎える。

 『スカイウォーカーの夜明け』で、気になったキャラクターを見つけたら、そのキャラクターを手がかりに過去作を見直してみるというのも手。レイと行動を共にするフィンやポー・ダメロンなら『フォースの覚醒』から、ルークやレイアなら『シスの復讐』からオリジナル3部作、C-3POやR2-D2については『ファントム・メナス』から番号順がおすすめだ。

 1作目から観てきた人からすれば、完結するまでに42年かかった(完結する前に亡くなってしまったファンも、出演者もたくさんいらっしゃる)が、いまやディズニーの公式動画配信サービス「ディズニーデラックス」やDVD・Blu-rayで前の8作をイッキ見することができる。「スター・ウォーズ」の面白さに気づいたら、一生遊べる“砂場”を見つけたようなもの。正月休みの間にお試しあれ。