タレントで女優の森下千里(38)が12月31日、自身のブログを更新し、所属事務所・ビクターミュージックアーツとのマネジメント契約を解約したことを報告するとともに「これまでの仕事から離れることをご報告させていただきます」と伝えた。

【写真】過去には…水野裕子と”150キロのカジキ”を釣り上げた写真を公開

 森下は「東京に来て、18年。これまでやってこられたのは、皆様のおかげだったと、心から感謝しております。もう十分に幸せだったと思う気持ちが、この決断へと導いてくれました」と明かし「これからはメディアを通じてではなく、ひとりの人として、出会った人たちを笑顔にできるような人生を歩んでいきたいと思います。これまで、本当にありがとうございました」と感謝の思いを記した。

 森下は、愛知県出身。グラビアアイドルとして活動後、バラエティー番組へ進出。飾らず、物怖じしない発言が話題を呼びブレイクした。