14億円も負債を抱え、倒産確実と言われたメガネチェーンを買収した一人の若者が、絶体絶命のピンチを何度も乗り越えて世界進出を果たす、という実話をもとにしたドラマ『破天荒フェニックス』がテレビ朝日系(一部地域を除く)で1月3日から3夜連続で放送される。

【写真】『破天荒フェニックス』主な出演者

 破天荒な社長・田村雄司役で主演するのは、俳優の勝地涼。自由過ぎる雄司に振り回されながらも金策に奔走する元大手銀行勤務の財務会計のプロ・奥田吉弘役で伊藤淳史が初共演。今回、カメラが回っているときも、そうでない時も、息の合った丁々発止のコンビネーションで現場を引っ張っていく2人にインタビューを実施した。

 「本当に面白い!と思えたら破天荒な試みにも乗っていきたい」という勝地のしなやかさと、「程よく幸せな今の感じが続いてほしい」と願う伊藤の堅実さが垣間見えて、劇中の雄司と奥田にぴったりなんじゃないかとドラマがますます楽しみになった。

――今回の企画を初めて聞いた時や原作・台本を読んで、どんなことを思いましたか?

【勝地涼】連続ドラマの主役、主役、主役なんですけど…

【伊藤淳史】何度も言わなくていいから(笑)。

【勝地】(笑)とにかく、続きものの主役が初めてになるので、単発ドラマでは経験あるのですが、正直、うれしかったです。今作の雄司という男は、破天荒なんですけど、すごく仲間を大切にする人で、情に厚いし、熱血という意味でも熱い。ストーリーも嘘のような実話を基にしているので、思いっきり破天荒に演じようと思いました。伊藤さんと初共演できるというのもうれしかったです。

【伊藤】あ、ありがとうございます(笑)。僕も台本を読んで、すごく面白いな、と思いました。破天荒なエピソードがたくさん出てくるんですが、実話が基になっているということで、思い切って演じられるな、とワクワクしました。実際、お芝居をしいてドキドキ、ワクワクしましたね。僕も主役が勝地くんでよかったです。

【勝地】ありがとうございます。台本を読みながら、これまでいろんな作品で見てきた伊藤さんのイメージに、この作品の奥田はぴったりだな、と思いました。撮影がはじまって、さらに感動しています。こちらがどんな球を投げてもリアクションしてくれますし、表情にうそがない芝居をされる。奥田が雄司に「はぁ!?」とカチンとくる場面では、台本の3倍くらい「はぁ!?」って顔をされていて、ゾクゾクしました。もっと困らせたくなりました(笑)。

【伊藤】なにそれ(笑)。涼くんは、言うことにもやることにも表裏がない。現場で“勝地涼です”みたいなものを作っている感じは一切なかったですし、取材を受けているいま、まさにこの瞬間も変わらない。のびのびとありのまま生きている感じがして、人間的な魅力を感じます。それが、雄司という役にもはまっているな、と思っていました。

【勝地】いや、いや、全部、作っているんですよ。

【伊藤】そういうところが、雄司っぽいんだって(笑)。

【勝地】(笑)視聴者の方も僕らのイメージを持ったまま、スッとこの物語の世界に入っていけるかもしれないですね。

■今年は頑張るぞ、と思っている人に勢いを

――勝地さんは、印象的なキャラクターで人々にインパクトを与えるイメージがありますが(笑)。

【勝地】10代の終わりの頃は、自分がコミカルな役をやるとは思っていなかったというか、映画『亡国のイージス』(2005年公開。第29回日本アカデミー賞新人賞受賞)でやったような路線で行く思ってました。でも、自分はそっちじゃないだろう、とうすうす気づいていたことが、それこそ、宮藤官九郎さんや劇団☆新感線の方などと出会って、はっきりした。着飾ったところで、バレる人にはバレるんだから、だったらありのまま飛び込んでいこうと思うようになっていって、いまに至るという感じです。

――伊藤さんは、視聴者も安心して見ていられる役者さんの一人です。

【伊藤】ありがとうございます。僕もやりがいのある役をいただくことが多くて、居心地の良い現場ばかりで、本当にありがたいです。程よく幸せな今の感じが続いてほしい、と切に願います(笑)。

――破天荒とは真逆のタイプですね。本作の雄司のような破天荒な人物と出会ったら?

【勝地】とことんその人の話を聞いて、「本当に面白そう」と思えたら、「乗らせてください」って言いたい(笑)。僕らの作品づくりにも似ているところがあると思うんです。監督さんやプロデューサーさんから「こういう企画どう?」って声をかけていただいて、それが破天荒な内容でもビジョンがしっかり見えて、ワクワクするような企画だったら、乗っていきたい。

【伊藤】作品づくりの現場で、破天荒な方とご一緒できるのは面白いと思いますが、プライベートでは極力、出会いたくないですね(笑)。今回のドラマの主人公・雄司みたいな人は、エンターテインメントとして、テレビ越しで見たい(笑)。

――新年そうそうの放送です。視聴者にメッセージをお願いします。

【勝地】新しい年のはじまりに、本当にあったサクセスストーリーから刺激を受け取ってもらえたら。人と人とが助け合って生きていく大切さも感じられる作品だと思います。

【伊藤】新時代を切り開いた話なので、令和最初のお正月、今年は頑張るぞ、と思っている人に勢いを与えられたらいいなと思います。

■『破天荒フェニックス』第1夜あらすじ

 小さなデザイン会社を経営している田村雄司(勝地涼)は、ある日突然、倒産寸前のメガネチェーン・サンデーズを買収。メガネ業界ナンバー1を目指して、付き合いの長い弟分・松尾秀和(稲葉友)、口説き落として半ば無理やり仲間に引き入れた元エリート銀行員の奥田吉弘(伊藤淳史)とともに、意気揚々とサンデーズに初出社する。

 しかし、そんな雄司らを待ち受けていたのは、冷ややかで反抗的な態度を取る社員たちだった…。そんな中、雄司は社内でも目立たない席でひっそりと仕事を続ける神戸麻美(瀧本美織)の作った決算書に目を奪われる。その細やかな気配りと、丁寧な仕事ぶりに才能を感じた雄司は、彼女を社長直属のプロジェクトチームに抜擢する。
 
 こうして新生サンデーズが動き始めた矢先、雄司は突拍子もないことを言い始める。ただでさえ資金難の中、未来のサンデーズを象徴するような新店舗をオープンしようというのだ。奥田は、売上不振に陥っている店舗の閉店と社員のリストラで大胆なコストカットを図るべきだと主張するが、“人は宝”と考える雄司はリストラを断固拒否。さらに、すでに新しい店舗は契約済みだと宣言…、奥田らは頭を抱えることに!

 そんな折、喫煙所で休憩していた雄司は、窓際に追いやられた広告宣伝部長・橋本悟(丸山智己)から「私に商品部を任せてください!」と直談判される。橋本は前職が大手アパレルのバイヤーで、商品生産のノウハウや業者との交渉にも自信があるという。そんな橋本の熱い思いを受け入れた雄司は、あっさりOK、その場で橋本を商品部の部長に任命する。

 一方、サンデーズを世界一のメガネチェーンにするという目標を掲げ、雄司らが走り始めた矢先、敵対心をむき出しにした営業部長の三上英司(宮崎吐夢)らが辞表を叩きつける…。

 資金ショートやライバル店からの妨害…次から次へと襲い掛かってくるピンチを乗り越えて、雄司らはフェニックスのように羽ばたけるのか…!?