今月22日にCDデビューを果たすジャニーズJr.の人気グループ・SixTONESの全国アリーナツアー『TrackONE -IMPACT-』が4日、横浜アリーナで開幕した。全国5都市18公演で22万1000人を動員予定。開演直前のインタビューに応じた田中樹は「年明け早々からライブができてうれしい。デビューする月なので、身が引き締まります!」と目を輝かせた。

【写真】ガッツポーズで笑顔を見せるSixTONESメンバーたち

 大勢の報道陣を前に6人全員で並ぶと「あけましておめでとうございます!」と元気いっぱいにあいさつ。森本慎太郎が「お正月はバックで踊ってきた。それをメインでやれるということがうれしいですね。頑張らなきゃ!」と噛みしめるように話すと、京本大我も「新年一発目。今年2020年、突っ走っていく最初のステージとして頑張ります!」と言葉に力を込めた。

 X JAPANのYOSHIKIが作詞作曲を手掛けたデビュー曲「Imitation Rain」は、炎を使った演出でド派手に披露した。ジェシーが「ライブで歌うのは初めて。僕たちの声と踊り、パフォーマンスでどのようにファンの方に感じてもらえるのか楽しみ」とほほ笑むと、田中は「リハーサルから泣きそうになりました。この曲がデビュー曲なんだと思って歌うと、更に感慨深い」と照れながら明かしていた。

 デビューイヤーの幕開けを華々しく飾るステージとなった。昨年末は、Snow ManやジャニーズJr.と共に『第70回紅白歌合戦』に初出演。高地優吾は「1分半くらいの出演でしたけど、あの緊張感は忘れられないです」。松村北斗も「日本を代表する番組だなと改めて感じました。反響もすごかったです」と回顧。今年一年の活躍を誓い「次は単独で出場歌手として出るのが夢」と口をそろえた。

 また、取材会では、お正月ならではの話題も。メンバーたちが「お年玉をたくさん頂きました!」とうれしそうに明かすと、田中は「Hey! Say! JUMPさん、関ジャニ∞さん、櫻井翔くん、(国分)太一くん、本当にたくさんの先輩から頂きました!」と感謝。

 京本が「ポチ袋の後ろに直筆で『櫻井翔 デビューおめでとう!』って一人ひとりの名前付きで書いていただいた」と“激励秘話”を語ると、高地は「そのまま開けないでとっておきます。神棚に飾るような勢いです」と感激しきりだった。

■SixTONES『TrackONE -IMPACT-』の日程
1月4日~7日:横浜アリーナ(7公演)
1月26日:マリンメッセ福岡(2公演)
2月23日~24日:大阪城ホール(3公演)
2月29日~3月1日:静岡エコパアリーナ(3公演)
3月28日~29日:北海道・真駒内セキスイハイムスーパーアリーナ(3公演)