アイドルグループの乃木坂46が30日、東京・新国立劇場で行われた年末恒例の『第61回日本レコード大賞』(主催:日本作曲家協会)の授賞式に出演。企画賞を受賞した元キャンディーズの伊藤蘭とコラボし、名曲「年下の男の子」でコラボした。

<レコ大写真>乃木坂46、欅坂46、日向坂46ら坂道グループのパフォーマンスも!

 1970年代に一世を風靡し、78年4月4日に後楽園球場で解散した伝説のアイドルグループ・キャンディーズの「ラン」こと伊藤はキャンディーズ解散から41年の歳月を経て、5月にオリジナルアルバム『My Bouquet』でソロデビューを果たし、同作で企画賞を受賞した。

 乃木坂46は「Sing Out!」が「優秀作品賞」を受賞。そしてステージで、特別功労賞を受賞した作詞家の千家和也さん作曲でキャンディーズの代表曲の1つである「年下の男の子」でコラボ。「LOVE投げキッス」や「あいつはあいつは可愛い年下の男の子」といった歌詞に合わせた振り付けを披露し、大歓声を浴びていた。

 また、乃木坂46だけなく、欅坂46も「黒い羊」が、日向坂46も「ドレミソラシド」が「優秀作品賞」を受賞。大賞は小中学生5人組ユニット・Foorinが歌う「パプリカ」となったが、3坂道の競演でも大歓声が上がっていた。