■『第70回NHK紅白歌合戦』リハーサル3日目(30日、東京・渋谷 NHKホール)
 2年連続での出場を果たすKing & Prince。大勢の報道陣を前にして、岸優太は「慣れがあるかなと思っていたけど、やっぱり新鮮なもので、自然と背筋が伸びる。その緊張感がいい意味で本番に出ると思う」と心境。今年7月に亡くなったジャニー喜多川さんの話題になると、メンバー全員で「ジャニーさん孝行」なる活躍を誓った。

【アップショット】爽やかな笑みで囲みに出席したKing & Prince

 昨年の初出場時に触れた高橋海人は「去年、NHKホールの楽屋でジャニーさんが『君たち話があるんだけど…。(紅白に)出るからね、絶対に内緒だよ』ってゴソゴソと教えてもらった」と感慨深げに回顧。平野紫耀は「小声過ぎて、何を言ってるかわからなかったけどね」と笑いながら明かしていた。

 「天国のジャニーさんにどんな姿をみせたい?」の質問には、平野が「一番は輝いているところじゃないですかね。ジャニーさんのもとで輝いて、ジャニーさんのもとで育って、僕らの輝いている姿を見せることが、一番の“ジャニーさん孝行”になるんじゃないかな」とまっすぐ前を向き、力強く語った。

 同番組では、2016年から東京オリンピック・パラリンピックが開催される来年2020年に向けて、「夢を歌おう」をテーマに掲げており、オリンピックイヤーを目前にした今年の『第70回』は、そのしめくくりの年となる。司会は紅組・綾瀬はるか、白組・櫻井翔(嵐)、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)とNHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。