■『第70回NHK紅白歌合戦』リハーサル3日日(30日、東京・渋谷 NHKホール)
 初出場のFoorinは、シンガー・ソングライターの米津玄師が作詞・作曲・プロデュースした「パプリカ」を披露。オープニングが終わって、トップバッターとして登場するFoorinだが。サビ中には、出演者たちも「パプリカ」を踊るなど、開幕から番組を盛り上げる大役を担う。

【全身ショット】”パプリカポーズ”で満面の笑みのFoorin

 リハーサルを終えて、たけるは「後ろにたくさんのアーティストに方がいらっしゃったので緊張しましたけど、楽しみたいです」と笑顔、ちせは「たくさん有名なみなさんがいて緊張したんですけど、歴史ある番組なので楽しくやらせていただきたいです」と意気込み。

 りりこは「地方にイベントに行くときでも、レクチャーをしなくてもその前から完璧に踊れちゃってて。私たちだけじゃなくて、踊ってくれるみんながFoorinです」と日本中の子どもたちにブームを巻き起こしている喜びを語った。

 ひゅうがは「『本物だ!』と思いながら、ドキドキしていました。真面目に楽しんでやりたいです」と振り返り、もえのは「いろんなアーティストの方に見守っていただいて、ドキドキしました。たくさん練習したので最高のパフォーマンスを見せたいです!」と力強く宣言した。

 同番組では、2016年から東京オリンピック・パラリンピックが開催される来年2020年に向けて、「夢を歌おう」をテーマに掲げており、オリンピックイヤーを目前にした今年の『第70回』は、そのしめくくりの年となる。司会は紅組・綾瀬はるか、白組・櫻井翔(嵐)、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)とNHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。