■『第70回NHK紅白歌合戦』リハーサル3日日(30日、東京・渋谷 NHKホール)
 初出場の菅田将暉は「まちがいさがし」を披露する。同曲は、シンガー・ソングライターの米津玄師が作詞・作曲を務めており、囲み取材で米津からのアドバイスを聞かれた菅田は「リハーサルにも1回来てくれたんです。『楽しみにしてるわ!』と言ってくれました」と激励を受けたことを明かした。

【写真】眉毛も金!”金髪”姿で登場する菅田将暉

 菅田は「僕たけは、米津玄師の『まちがいさがし』を聞いて練習しているので、それに近づけるように頑張りました」といい、具体的なアドバイスについて話がおよぶと「息継ぎのタイミングがすごい難しいので、そのあたりのことを聞きましたね」と話した。

 紅白については「年上の大先輩たちが出られているイメージだった」とするも「ジャニーズのみんなとか、GENERATIONSの片寄(涼太)だったりとか、俺らの世代がいるのがうれしかったですね」と笑顔。さらに、今年の漢字を聞かれると悩みながら「命」と答え「命をかけた1年でした。この世界で10年の節目の年でもあったんですけど、ドラマも映画もツアーもやり、ここに来て紅白と濃かったですね」と充実の2019年に満足な表情も浮かべていた。

 同番組では、2016年から東京オリンピック・パラリンピックが開催される来年2020年に向けて、「夢を歌おう」をテーマに掲げており、オリンピックイヤーを目前にした今年の『第70回』は、そのしめくくりの年となる。司会は紅組・綾瀬はるか、白組・櫻井翔(嵐)、総合司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)とNHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。