歌手の氷川きよし(42)が、来年1月8日放送のフジテレビ系『志村けんのバカ殿様』(後7:00)に出演。2003年1月4日の放送以来、17年ぶりの『バカ殿』出演を果たす。

【ライブ写真】クレーンの上でヘドバンする氷川きよし(全20点)

 収録が始まり、桑野信義が扮するご家老が「殿と長~い付き合いだという方が、殿に会いたいと来ているんですよ」と告げると、氷川が「きよしのズンドコ節」を歌いながら殿の部屋に登場。来夏、約2年ぶりに明治座に帰ってくる『氷川きよし特別公演』内で、自身が演じる恋之介の出で立ちの氷川に、腰元たちは黄色い歓声を上げ、「きよし」コールが起きる。

 歌が終わると、志村けん(69)扮するバカ殿は「久しぶりだね」と呼びかけ、氷川も「ご無沙汰しております」とあいさつを交わし、早速お酒を飲みながらトークを展開。氷川がデビューしてすぐの頃から親交があり、およそ20年来の付き合いとなる2人だが、氷川のデビュー曲のイベントに志村とビートたけしが応援に駆けつけ、その後『NHK紅白歌合戦』に氷川が出演した際にも、2人が応援のために出演したことでも話題となった。

 氷川は「本当に殿には熱く応援していただき、どこの馬の骨かも分からないのにすごくよくしていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです」としみじみ。バカ殿が「最近、ちょっと雰囲気が変わったね」と向けると、氷川は「新しく自分を表現したいな、と思いまして」とコメント。ひとしきり話に花を咲かせると、バカ殿は氷川に雑煮を振る舞うことに。もちろん、バカ殿の雑煮が普通なわけがなく・・・最後には、氷川が絶叫する事態となってしまう。