俳優の中村倫也、賀来賢人、大谷亮平が29日、東京・大井競馬場で交流GI『東京大賞典』のスタート前にトークショーを開催。東京シティ競馬(TCK)のイメージキャラクターを務める3人は、馬車に乗るという華麗なる登場で大歓声を浴びた。

【写真】圧巻!馬車に乗って登場した賀来賢人、中村倫也、大谷亮平

 TKCは、今年のテーマを“夜遊び方改革”に設定。平日の仕事帰りに楽しめるトゥインクルレースの魅力を発信するために、賀来、中村、大谷の3人がイメージキャラクターに就任している。中村は「ようこそ」と笑顔であいさつし、悲鳴に似た大歓声を浴びた。

 テーマにかけて“今年の改革した部分”を問われた中村は「賀来賢人を見る目が変わりました」とニヤリ。賀来が「なんでだよ!」とツッコむと、中村は「この間もこのCMの撮影をしていたんですけど、賢人が『面白いな、俺ら。同じ時期にくすぶって、同じ時期に注目されたな』って(笑)。昔一緒にミュージカルをやったときに相棒の役だったんですけど、今後も末永くお付き合いをしたいヤツだな、と。改革が僕らの中で起こりました」と真意を説明し、賀来を照れさせた。

 そんな賀来も「倫也とも話しましたけど『いいことあるね』って。TCKさんのCMにも出させていただいた。いろんな方に応援してもらえた年。もう、人生大改革ですよ」と感慨たっぷり。「倫也は何も変わらない。面白いナイスガイ」と取ってつけたような言葉を並べ、中村がプチ抗議すると、賀来は「倫也は適当でいいの」と仲の良さを伺わせた。

 一方、ほとんど2人と共演歴がない大谷は「人気者2人とCMで一緒になって、本当にうれしいことでした」と話すと、2人から「いやいや!」とツッコミ。中村は「大谷さんのチャーミングなところを見つけたんです。後輩が言うのは失礼ですが、若干の天然さんだと思う。マジメな方なので食べるシーンの箸のアングルとかを練習する。『コレの方がいいな』と。で、本番に全然、違うことやっちゃう。そこがキュンと来る好きなところ」と朗らかエピソードを明かし、大谷は「記憶にない…。そんなことありました?」と苦笑いだった。

 賀来は大谷について「顔が大好き。大谷さんみたいな顔で生まれたかった。だから、ずっと現場で顔を見つめてました」と“メロメロ”だったそう。大谷は「その言葉を、お返ししたい。スマートな顔立ちがうらやましい」とお互いに顔を絶賛し合っていた。

 『東京大賞典』の予想について中村は「注目しているのは2番のケイティブレイブ」と3強の一角を指名。そして「熱いレースを熱く楽しみましょう」とアピールした。賀来は「こんなにいい天気で。もうすぐ仕事も納めたか、納めるでしょうし、きょうは遊び納めということでレースを楽しんでください」と呼びかけ、大谷も「ビッグレースが始まる。ドキドキして見たい」とゲートが開く瞬間を心待ちにしていた。