女優の松岡茉優が『蜜蜂と遠雷』で『第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』の主演女優賞を受賞し28日、都内で行なわれた授賞式に出席。昨年度の同賞受賞者で『万引き家族』で共演した安藤サクラが祝福に駆けつけた。

【写真】満面の笑み!安藤サクラと抱き合う松岡茉優

 壇上に立つ松岡に対し安藤が話しかけ抱擁が始まると、MCから「そこで世間話をしないでください」とまさかの注意が入り、会場は笑いに。安藤は「『万引き家族』で、茉優ちゃんとは女優さんとして知り合ったを超えて親戚のような気持ちでいるので、うるっときてしまいました」と大喜び。

 松岡は「『蜜蜂と遠雷』は恩田陸先生の小説で、恩田先生がキャリアをかけて新しい道を切り開かれた尊い小説です。死ぬ気で書いたのであろうから、中途半端は許されないと思って撮りました。映画全体も褒めていただいたと認識していますので、スタッフさんにもきれいな花束を見てもらいたい」と満面の笑みを見せた。

 撮影での苦労話を聞かれた松岡だったが、『宮本から君へ』で主演男優賞を受賞した池松壮亮が炊飯器から直接ご飯を食べたり、壮絶なアクションシーンや血を流す場面などが盛り込まれていることから「私は血もだしていないので、なんにもないです」と恐縮。続けて「血だらけになったらまた呼んでください。そのときは炊飯器からご飯をかきこみます!」と宣言していた。

 この日は、花束贈呈に『蜜蜂と遠雷』で共演した鈴鹿央士も祝福に駆けつけた。

■『第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』の受賞者、作品は以下の通り。

作品賞:映画『新聞記者』(藤井道人監督)
監督賞:真利子哲也監督(『宮本から君へ』)
主演男優賞:池松壮亮(『宮本から君へ』)
主演女優賞:松岡茉優(『蜂蜜と遠雷』)
助演男優賞:渋川清彦(『半世界』『WE ARE LITTLE ZOMBIES』『閉鎖病棟-それぞれの朝-』)
助演女優賞:市川実日子(『初恋~お父さん、チビがいなくなりました~』『よこがお』)
新人賞:清原果耶(『愛唄 -約束のナクヒト-』『デイアンドナイト』『いちごの唄』)
石原裕次郎賞:『アルキメデスの大戦』(山崎貴監督)
石原裕次郎新人賞:成田凌(『チワワちゃん』『愛がなんだ』『さよならくちびる』『翔んで埼玉』『人間失格 太宰治と3人の女たち』)
外国作品賞:『グリーンブック』(ピーター・ファレリー監督)