2020年大河ドラマ『麒麟がくる』(1月19日スタート、毎週日曜 後8:00 総合ほか※初回は75分拡大版)。俳優の片岡愛之助がふんする今川義元(いまがわ・よしもと)と、尾美としのりがふんする土岐頼芸(とき・よりのり)のビジュアルが公開された。

【写真まとめ】長谷川博己ら主な登場人物のビジュアル

 今川義元は、「海道一の弓取り」の異名を持ち、強大な軍事力を持つ有力戦国大名。その家柄と参謀・太原雪斎(たいげん・せっさい)の後ろ盾により、斎藤道三(本木雅弘)たちがおびえる東海最強の戦国武将。

 土岐頼芸は、美濃の守護。かつて道三と結託し、兄を守護の座から追い落とした過去を持つ。鷹(たか)の絵を描くのを好んでいたことで知られる。

 同ドラマは、本能寺の変を起こした明智光秀(長谷川博己)を通して描かれる戦国絵巻。仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟を呼ぶのは、一体どの戦国武将なのか。戦国初期、群雄割拠の戦乱を生きる、各地の英雄たちを最新の研究による新しい解釈も取り入れながら描いていく。作者は池端俊策氏。