人気グループ・乃木坂46の齋藤飛鳥が主演で、山下美月、梅澤美波が共演する映画『映像研には手を出すな!』(2020年初夏公開)から、齋藤が白目をむいて倒れてしまう体当たり演技を見せるシーンの場面写真が解禁された。

【写真】笑顔でサンタ帽をかぶった齋藤飛鳥

 原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメ制作に情熱を注ぐ女子高生たちの青春冒険譚で、『ブロスコミックアワード2017』大賞、『俺マン2017』第1位、『マンガ大賞2018』ノミネートなど数々のアワードを獲得。16年から『月刊!スピリッツ』(小学館)にて連載中で、NHK総合テレビで20年1月からテレビアニメ化もされる人気漫画。

 齋藤が演じる主人公・浅草みどりは「アニメは設定が命!」を信条に、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者。山下は、俳優一家に生まれ、親に反対されつつもアニメーターを目指すカリスマ読者モデル・水崎ツバメ。梅澤は、2人の才能をまとめ、管理してお金もうけをしようとするプロデューサー気質の少女・金森さやかを演じる。

 解禁された場面写真では、齋藤は普段のロングヘア姿から一新、原作同様にショートカットのヘアスタイルに。さらに、トレードマークの迷彩柄の帽子をかぶった姿も初披露された。同シーンは、極度の人見知りで他人とまともに話すことができない浅草が、あるプレッシャーに耐えきれずに白目をむいて倒れる場面。

 今月上旬に撮影現場を訪れた原作者・大童澄瞳氏は自身のツイッターで「飛鳥先生はすみっこで『はっはっは』って言ってたので浅草氏です」「山下美月先生は水崎氏ハマり役でしたね。これがリアルかというのがありました」「梅澤美波先生な、後ろ姿から金森氏でしたよ完全に」とそれぞれに対して絶賛のコメント。

 金森役の梅澤は、原作通りに眼鏡を頭にかけたスタイルを再現。水崎役の山下も読者モデルとしての美しい姿を披露。齋藤が、アイドルとは思えないような表情を見せる姿とともに注目したい。