12月30日よりNetflixオリジナルアニメとして配信されるシリーズ最新作『斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編』より、第1話~第3話のあらすじと場面カットが公開された。

【場面カット】“スケベ顔”だが生徒思いの新任教師・井口

 『週刊少年ジャンプ』で連載していた同作は、テレパシー、サイコキネシス、透視などが使用できる超能力者の高校生・斉木楠雄に、次々と災難が降りかかる…というストーリー。アニメ第1期が2016年7月から12月まで、第2期が18年1月から6月まで放送(完結編が12月)、17年に山崎賢人主演で実写映画化。今シリーズは全6話でNetflix全世界独占配信される。

【第1話】Season1 三人の男と幼女と警官とあと犬 ほか
 斉木楠雄には友達がいない。なぜなら自分が超能力者であることを知られたくないからだ。そんな楠雄に付きまとってくるクラスメイトたち。ラーメン屋へ誘うアホの燃堂と、不穏な風の正体探しに誘う中二病の海藤。2人にうっとうしさを感じながら下校する楠雄の前に犬とはぐれた幼女が現れる。犬探しへ駆け出す燃堂と海藤を横目に帰宅しようとする楠雄だが、幼女の頼みを放っておけず…。

【第2話】Season1 超(無駄)能力のΨ難 ほか
 制御装置が変な風になってしまい、超能力のコントロールが出来なくなってしまった楠雄。復元能力を使って元に戻す手もあるが、失敗する可能性があることと、感覚的に装置が完全に壊れたようでは無さそうなので、しばらく様子を見ることに。すると謎の超(無駄)能力が暴走し、様子を見に来た両親が次々に巻き込まれていく。果たしてこの混乱を収拾する能力を使うことはできるのか。

【第3話】Season1 異Ψを放つ新任教師現る ほか
 始業式の日、楠雄のクラスに新任教師がくることになり教室内はざわついていた。井口というその教師は、根は生徒思いの良い先生なのだが、とんでもないスケベ顔が災いし、生徒たちとのコミュニケーションはすべて裏目に。なかなか距離が縮まらない中、ホームルーム中に燃堂と才虎が遅刻して現れる。強烈な個性を持つ2人を相手に初対面の井口がとった行動とは…?

■キャスト情報
斉木楠雄:神谷浩史
燃堂力:小野大輔
海藤瞬:島崎信長
灰呂杵志:日野聡
鳥束零太:花江夏樹
照橋心美:茅野愛衣
井口工:鳥海浩輔
鈴宮陽衣:東山奈央