今年のドラマシーンは、日本テレビの「挑戦」が目立った1年だった。日曜22時半からの日テレ日曜ドラマ枠では、若い制作スタッフたちが若年層に向けてストレートなメッセージを放った1月期の『3年A組』が大いに話題に。4月期・7月期には『あなたの番です』で、25年ぶりとなる2期連続ドラマに挑戦。これらの立て続けのヒットは、日曜夜をドラマ枠として定着させるきっかけとなった。さらに10月期は、土曜夜ドラマ『俺の話は長い』において、ネット映像視聴世代をターゲットにカスタマイズした30分×2話の1時間ドラマに挑戦し、好評を得た。ドラマの内容において、また「1時間×1クール(3ヶ月)」という固定化した連ドラの枠組みを壊す大胆な試みにおいて、今年もっとも“攻めているドラマ”を連発したのは間違いない。

【『俺の話は長い』シーン写真】微妙な距離の母娘を演じる小池栄子&清原果耶

■失敗を恐れぬ数々の挑戦の歴史となる日テレ日曜ドラマ枠

 2015年4月期に新設された日テレ日曜ドラマ枠は、当初は「映画ファンも楽しめるエンタテインメント」をコンセプトにスタート。10代をメインとする若い世代に向け、アクション、サスペンス、ミステリーを主にしたエンタテインメント作品を放送してきた。

 例えば、窪田正孝の演技力が注目された『デスノート』(2015年)や、宮藤官九郎脚本でゆとり世代からの支持を得た『ゆとりですがなにか』(2016年)、賛否が渦巻いた『愛してたって、秘密はある。』(2017年)、ジェットコースターのような怒涛の展開を見せた山崎賢人主演の『トドメの接吻』など。ラインナップを改めて見返すと、実に多彩な作風である。

 当初はまだ手探りで、作品の方向性も定まっていなかったが、全般に共通していたのは「世帯視聴率を意識しない、とんがった作風」だったこと。失敗を恐れぬ数々の挑戦は、後に土台が確立するための種まき期間としての意義を持っていた。当時の「視聴率」一辺倒で語られがちだったドラマシーンに、辛抱強く疑問を投げかけ始めた時期だったのではないだろうか。

■『今日俺』『3年A組』と攻める作品でヒットを連発

 そんな同枠で視聴者層を大きく広げるきっかけになったのが、18年10月期の福田雄一監督の学園コメディ『今日から俺は!!』のヒットだ。このヒット要因は、「ツッパリドラマ」という題材が、原作ファンを含む80年代を知る親世代には懐かしさを、子ども世代には新鮮さを与え、二世代の心をつかんだこと。笑いをふんだんに散りばめた福田氏の脚本・演出は、賀来賢人や伊藤健太郎、橋本環奈、清野菜名、磯村勇斗らキャストたちの魅力を存分に引き出し、それぞれが「ハマり役」と称賛された。

 同作が「親子で観る学園ドラマ」のヒットとなり、親世代だけでなく、従来ドラマをあまり観ない若い世代を取り込んだ意義は大きい。そうした流れを受け、追い風のもとにスタートしたのが、続く菅田将暉主演の学園ドラマ『3年A組』だ。

 視聴者を夢中にさせたのは、スピード感とスリリングなストーリーに加え、「金八先生」とも揶揄されたド直球のメッセージだ。その言葉は実に熱くシンプルなものばかり。菅田将暉により語られるストレートな言葉の数々や、放出される熱量は、生徒役の役者たちを熱狂の渦に巻き込み、その高揚感は視聴者にも伝わっていった。「ドラマ」というよりも、どこかライブにも似た臨場感溢れる不思議なコンテンツとなった。

■戦略的なネットユーザーの囲い込みに成功した「SNS視聴」スタイル

 さらに、4~7月期は、2期連続ドラマ『あなたの番です』で日テレの25年ぶりとなる2クールドラマへ挑戦。かつては、2クールドラマが当たり前だった時代もあるが、いまでは非常に少ないのは周知の事実。その理由は、俳優のスケジュールを拘束できないことや、固定の役のイメージができてしまうことを危惧する俳優の事務所側からのネガティブな反応、さらにドラマがコケても半年続けなくてはいけないという局側のリスクもあるだろう。

 とくに近年は、1クール10話に満たない放送回のドラマも増えている。そうした流れに逆行するように、果敢にも海外ドラマを意識した、中毒性のある展開の脚本で挑んだのが『あなたの番です』だった。その謎が謎を呼ぶストーリーに、前編のラストで主人公の1人が死ぬという衝撃の展開、後編から新たなメインキャラが登場し、物語が一変するという仕掛けなどが多くの視聴者を引き付けた。

 また、普段テレビを観ないネットユーザーや若い世代が、スマホ片手に生放送を観ながらSNSで考察を語りあう「SNS視聴」というスタイルを一般に広げたことも功績として挙げられる。考察を語り合うのは、かつてはネット掲示板で漫画やアニメファンの間でしばしば行われていたことだが、そうした層をテレビドラマの世界に、さらにSNS上に誘導。戦略的なネットユーザーの囲い込みに見事に成功したのである。

 鈴間広枝プロデューサーは、SNS視聴を意識した意図について、インタビューでこう語っている。「多少見逃しても気軽に戻ってこられる1話完結型と違って、毎話謎解きが進行していくミステリーを半年にわたって放送するのはたしかにリスクがあります。昨今はうっかりするとSNSのタイムラインでネタバレが流れてきてしまう。しかし、だからこそリアルタイムで観ようと、前クールの『3年A組』ではそんな盛り上がりがありました」。

 視聴率至上主義によって真っ先に切り捨てられるのは、人口比率の低い若い世代だ。その結果、学園ドラマをはじめ、若者向けコンテンツがどんどんなくなってきた背景がある。そうした視聴率至上主義に背を向けるネットユーザー、若い世代をターゲットに絞り込み、斬新な仕掛けを次々に放ち、それが話題を巻き起こしていった。視聴率以外の新たな指標を作ったという点では、今年もっとも評価されるドラマとも言えるだろう。

 いずれも、10代をメインターゲットにし、さまざまな異なるタイプのヒット作を連発。世帯視聴率を追わず、ターゲットを狭めて狙い撃ちすることで、攻めた展開を成功させ、日曜夜をドラマを観る時間として定着させたのだ。

■ネット映像視聴世代をターゲットにした30分×2話の1時間ドラマも高評価

 そして、10月期では、ネット映像視聴世代をターゲットにカスタマイズした30分×2話の1時間オリジナルドラマ『俺の話は長い』に挑戦。そのサイズ感、脚本、キャスティング、演技、すべてにおいて好評を得た。従来のドラマ視聴者層の一部のほか、ネットの映像に慣れた若い世代にとってはなおさら「1時間ドラマは長い」と感じる人が多い。そこでアニメ番組の構成のように、2本立てにしたことは、現代のスピード感にフィットする英断だった。

 基本的に主人公一家とその周辺だけが登場するが、2本立ての場合、1本のメインテーマやキャラが好みでなくとも、もう1本で挽回できる。モヤモヤした思いを次週まで持ち越さないのも良い。この形式そのものは、ネットユーザーやアニメファンなどになじみやすい新鮮さがある。しかし、その一方で、実は会話劇が主体のホームドラマは平岩弓枝氏、向田邦子氏などの名手たちが紡いできたホームドラマ全盛期の作風にも似ている。

 会話劇メインだからこそ、脚本の力、役者の力が占める割合は高い。企画としての新しさだけでなく、しっかりと芝居を見せるドラマの原点に返ったような作品でもあった。

■視聴率至上主義に一石を投じた功績は大きい

 今年のドラマシーンを振り返ると、もっとも“攻めていた”のは日テレだ。世帯視聴率にとらわれない枠を設け、若者に向けての攻めたドラマで、SNS世代の新たな視聴スタイルを確立し、「日曜ドラマ枠」を定着させた。

 そして、ネット映像に慣れている若い世代になじみやすい新たなテレビドラマのフォーマットを提案し、そこでもしっかりと実績を残している。ネットによって追い込まれてきたテレビが、ネットの力も利用して、戦略的にネットユーザーの囲い込みに成功したかたちだ。

 視聴率至上主義により軽視され、切り捨てられてきた若年層にアプローチすることで、彼らをテレビに振り向かせた日テレ。テレビの「今」ではなく、「未来」を考える上で、テレビの存在感を世に示した功績は大きい。この勢いを来年へどうつなげるのか。今後、さらにどんな新しい挑戦を見せくれるのか。日テレの来年のドラマに注目したい。
(文/田幸和歌子)