2019年にTwitterで話題となったワードを選出する『#Twitterトレンド大賞 2019』が26日、都内で開催された。トレンドTOP20が発表され、新天皇の即位に伴い5月1日から「令和」に改元する直前の4月30日にトレンドとなった「平成最後の日」が1位に輝いた。

【写真】MCは田村淳、宇垣美里が担当

 同賞は2019年に日本のTwitter内でトレンドインした全てのワードを集計し、通年でツイート量などを総合的に組み合わせて独自のアルゴリズムでランキング化したもの。

 1位の「平成最後の日」について、トレンドコメンテーターの日刊スポーツ記者・高宮憲治氏は「社会人になって2回目の改元だったが、前回は日本国中暗いムードがあって素直に新しい時代を喜べなかった。今回はこういう形で変わった。イベント感がすごい出て、みんなでうれしいなという気持ちになれる瞬間だった」と評した。

 2位は9月20日~11月2日に行われ日本中が熱狂したラグビーW杯日本大会に関連した「ラグビー」。トレンドとなった10月13日は日本対スコットランド戦で日本が勝利し、予選プール全勝で初の決勝トーナメント進出を決めた日だった。3位は日米通算4367安打を放ち、数々の偉業を成し遂げた「イチロー」がランクイン。現役引退を発表した3月21日にトレンド入りした。

 部門ごとの発表では、アニメ部門賞「#鬼滅の刃」、スポーツ部門賞「#rwc2019」、エンタメ部門賞「#FGO」、ニュース部門賞「#令和」、ビューティー部門賞「#プロテイン」、ブランドコミュニケーション部門賞「#ローソン」が選出。また審議委員会特別賞は、ネット中心の選挙活動を行い話題となった山本太郎議員と間違われて話題となった「山田太郎」が受賞した。

 今年最も盛り上がった新規アカウント「#ThisHappened Most Followed New Account」に、人気グループ・嵐が選ばれたほか、最もリツイートされたツイートをした「#ThisHappened Most Retweeted Tweet」は前澤友作、最もいいね!が付いたツイートをした「#ThisHappened Most Liked Tweet」はお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志となった。

 この日のMCは田村淳、宇垣美里が務め、進行は向井慧、プレゼンターとして伊沢拓司、オカダ・カズチカ、チョコレートプラネット、ゆきぽよが出席。2019年に彩りを与えたゲストとして、有村藍里、井手上漠、倉持由香、田村心、フワちゃん、ゆりやんレトリィバァらが参加した。

■トレンドTOP20は以下のとおり ※カッコ内はトレンド入りした日
1位・平成最後の日(4月30日)
2位・ラグビー(10月13日)
3位・イチロー(3月21日)
4位・活動休止(1月27日)
5位・#台風19(10月12日)
6位・ジャニーさん(8月8日)
7位・山ちゃん(6月5日)
8位・デビュー(8月8日)
9位・天気の子(7月19日)
10位・#あなたの番です(9月8日)
11位・ピエール瀧(3月12日)
12位・沢尻エリカ(11月16日)
13位・オリンピック(6月20日)
14位・#吉本興業(7月22日)
15位・大坂なおみ(1月26日)
16位・京都アニメーション(7月18日)
17位・バルバトス(5月3日)
18位・ジョーカー(10月4日)
19位・wowakaさん(4月8日)
20位・アバンティーズ(1月4日)