お笑いタレントのカンニング竹山がパーソナリティー、片桐千晶がアシスタントを務める、TBSラジオの特番『TBSラジオ・週刊文春・週刊新潮共同企画~おとうさんのためのニュース年録』が26日に放送される(後10:00)。

【写真】パーソナリティーを務めるカンニング竹山

 「文春砲」なる言葉を世間に知らしめ、「親しき仲にもスキャンダル」の精神でスクープを連発する『週刊文春』の新谷学編集局長と、地道な取材と証拠固めでスクープを生み出し、2013年公開の映画『凶悪』で主人公のジャーナリストのモデルとなった『週刊新潮』宮本太一編集長。竹山が“同席NG”の2人と粘り強く交渉を続けた結果、別々の収録であればという条件付きで、今回の特番が決定した。

 「お父さんがワクワクしたニュースの裏話」が次々と飛び出す中、今年のトレンドを探る企画も実施。『日経MJ』のヒット商品番付には「ラグビーW杯」「令和」「天気の子」などが選出されたが、新谷編集局長、宮本編集長が感じたトレンドは何だったのか。