人気グループ・Kis-My-Ft2がメインパーソナリティーを担当したニッポン放送『第45回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』が、25日正午に24時間の生放送を終えた。

【写真】スタート時…笑顔でポーズをするKis-My-Ft2

 今年のキャッチフレーズは“With Your Smile”。そのキャッチフレーズにちなみ、スペシャル企画では、メンバー7人が取材に基づいたオリジナルストーリーを朗読したり、リスナーから寄せられた”笑顔(smile)”にまつわるたくさんのメッセージを紹介。また、メンバーが交代で募金の案内電話に対応するなど、生放送を通してリスナーとのコミュニケーションを図った。

 24日には萩本飲一、ゆず、わたなべちひろ、笑福亭鶴瓶、サンドウイッチマンのほか、北京オリンピック女子ソフトボール金メダリストの上野由岐子選手が登場。キスマイとトークを繰り広げながら、ともに募金への協力を呼び掛けた。

 日付が変わった25日午前0時からは、Kis-My-Ft2のクリスマススペシャルライブを実施。午前1時からの『オールナイトニッポン』&『オールナイトニッポン0』では「あなたのそばのジャニーズソングリクエスト」を放送。A.B.C-Zの河合郁人をゲストに迎え、リスナーからリクエストされたジャニーズソングを続々とオンエアし、大いに盛り上がった。

 25日午前には、ヴァイオリニストの増田太郎、榊原郁恵、天野ひろゆきらが登場、さらにアメリカメジャーリーグ・ニューヨークヤンキース所属の田中将大投手がチャリティグッズを持って訪れ、リスナーに募金を呼び掛けた。

 エンディングでは、千賀健永のピアノ伴奏に合わせて、筑波大学附属視覚特別支援学校の児童23人が「あわてんぼうのサンタクロース」を合唱。子供たちの元気いっぱいの歌声に、メンバーはもちろん、スタジオ全体が笑顔に包まれた。

 そして、メンバー一人ひとりが、24時間を走り切った感想と温かい気持ちを寄せたリスナーへ感謝の気持ちを伝えた。途中感極まり涙する場面もあったが、令和最初の『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』は、キャッチフレーズの“With Your Smile”のとおり、笑顔で終了した。

 番組が終了した25日正午時点の募金総額は、昨年を上回る6065万9741円。なお、募金の受付はキャンペーン期間中の2020年1月31日までとなっている。

■Kis-My-Ft2コメント全文

【北山宏光】
「With Your Smile」ということで、たくさんの笑顔を集めるなかで感動をいただき、笑わせていただくこともありました。24時間の中で、たくさんの方と交流することができて、ミュージックソンに関わらせていただいてうれしく思っています。素晴らしい経験をありがとうございました。これからもどんな形でも関わっていきたいと思っています。

【千賀健永】
募金に協力してくださった方々に、心からお礼を言いたいです。本当に笑顔の24時間でした。もっと視覚障害の方々への理解を深めていければいいなと思いましたし、もし、また次できることがあるのなら、もっと楽しいミュージックソンにできればと思っています。

【宮田俊哉】
数えきれないほど多くの方に支えていただき、完走することができました。ありがとうございました。
キスマイのライブで「KISS&PEACE」を歌わせてもらったのですが、歌詞がミュージックソンにぴったりで、歌えてよかったです。
また来年も歌いたいです。

【横尾渉】
まだまだ、僕たちも学び足りないことがあると、2年連続でやらせてもらって、余計に痛感しました。来年以降も、リスナーの方と一緒に学んで成長していけたらうれしいです。ゲストの方々も本当にありがとうございました。これからも、絆やコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。

【藤ヶ谷太輔】
“つながり”をものすごく感じた24時間でした。もっともっと大事にしていかなきゃいけない“つながり”がたくさんありました。眠さとか疲労とか、つらい時間帯もあったんですが、チームで支えあいながら完走できました。エンディングで皆で横一列に並んで感想を話したときに、絶対またやりたいという気持ちになりました。今後も関わることができたら、僕たち7人は本当に幸せです。

【玉森裕太】
募金活動に参加してくださった方、キスマイと一緒に24時間駆け抜けてくれたケムケム(煙山光紀アナウンサー)、スタッフの皆きん、本当にありがとうございました。大きな愛に包まれていると感じながら24時間皆さんと完走できたこと、すごく充実した気持ちでいっぱいです。目の不自由な方のために、これからも発信していきたいです。

【二階堂高嗣】
24時間、7人とケムケムで走りきれたことをすごくうれしく思っています。7人それぞれ朗読企画がありましたが、僕たちが知らないこと、知りたいことがまだまだあると思いました。視覚障害の方が住みやすい、安心できるような街になるように、音の出る信号機を1台でも多く設置して、それが当たり前になる日を待っています。ぜひ、来年も7人とケムケムでミュージックソンをできたらと思います。