「日本人にもっとも愛されている戦国武将」を決める『国民10万人がガチ投票! 戦国武将総選挙』が28日(後6:56~11:10)、テレビ朝日系で放送される。全国47都道府県で約10万人にアンケートを実施し、選ばれた最強の戦国武将を発表する。

【写真】来年の大河ドラマの主人公・明智光秀はランクインするのか?

 約2700人いたといわれる“戦国武将”。名だたる戦国武将の中から「一番スゴイ武将」を決める禁断の総選挙。47都道府県で実施したアンケートをもとにランキングを作成し、トップ20を発表。各都道府県の人々がその地にゆかりのあるイチオシ武将を語るほか、武将たちの子孫の方々も登場し、代々受け継がれた貴重な品も公開する。

 今回の『戦国武将総選挙』では、俳優の東出昌大がストーリーテラーとして登場。歴史好きとしても知られる東出が、独自の視点でランクインした戦国武将にまつわるエピソードや魅力などを紹介していく。そして、戦国武将を演じてきた遠藤憲一や草刈正雄、中村芝翫といった俳優たちも自身が演じた武将について熱く語る。

 さらに、漫画家の桂正和氏と高橋ツトム氏が、ランクインした戦国武将の番組オリジナルイラストを描き下ろし。こちらも、見どころとなっている。

 スタジオにはMCの爆笑問題のほか、これまでに数々の戦国武将を演じてきた高橋英樹、武将の妻や母を演じてきた高畑淳子のほか、瀧本美織、ビビる大木、福本大晴(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)、山崎怜奈(乃木坂46)といった豪華ゲストが登場。また、歴史家で大河ドラマ『真田丸』の時代考証も担当した黒田基樹氏(駿河台大学教授)や、本郷和人氏(東京大学史料編纂所教授)らが語る、好きな戦国武将や知られざる新事実にも注目だ。

 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった誰もが知る武将から、大河ドラマでも主人公となり人気を博した真田幸村や直江兼続、前田利家、毛利元就など、さまざまな戦国武将がランキングに登場。果たして1位に輝くのはどの武将か?