人気グループ・嵐の相葉雅紀、松本潤、二宮和也、大野智、櫻井翔が25日、東京ドームで開催された20周年アニバーサリーツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』の公演前に囲み会見に登壇した。昨年11月から行なわれてきた50公演のツアーも、この日でファイナル。櫻井は「ずっと5人でいました。東京以外の場所でも楽屋で一緒にご飯食べたりする」と顔を見合わせ、松本も「久々に5人で海外にいったり。よく一緒にご飯食べて、一緒にお酒を飲みましたね」と話すほど絆が深めた5人。来年末をもって活動休止という衝撃的なニュースから幕を開けた激動の1年を振り返り、漢字一字で「感」(松本)「進」(二宮)「近」(大野)「五」(相葉)「恩」(櫻井)とそれぞれ表した。

【集合ショット】ピンク色のジャケットを着て…”20周年”のポーズをする嵐

 松本は「僕は、やっぱり感謝という意味で“感”。感動の“感”でもありますし、おかげさまで20周年を迎えられたということで、一番最初は“感”かな」と堂々と掲げると、トップバッターの完璧な回答に5人とも頭を抱えて笑いを誘う。二宮は「“進”かな。5人でここまで進んできましたし、節目でこんなにも大きなコンサートをやらせてもらって感謝を伝えられた。また新しい分野に進めていけたらなと。ありがたいことに、この世界で生きて、来年のことがこんなに決まっているのは感謝しかない。来年に向かっても進む、ということで」と笑顔を見せた。

 続く大野は「“近づく”の“近”。やっぱり50公演やらせてもらって、海外、アジア、ジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北とファンの子と近づけたと思う年でした…」と話すと、「よかったです」と無事に発表を終えて安堵。相葉は「僕は“五”です。五人でひとつのことに取り組むことを、この20年で一番したんじゃないか、五人でいっぱい話し合った年でもあるし、ライブも50本。その“五”ですかね」としみじみ噛み締めた。

 最後を飾った櫻井は「“恩”ですかね。50本でこれまでの恩返しがしたいと、実際にできたとも思っているんですけど、逆に来てくださったみなさん、支えていただいたみなさんにまた、こっちが来年1年かけてまた、返して行かなければいけないなと。そんなあったかい思いを受けた1年だった」とファンへの熱い思いを打ち明けた。

 今まで以上に5人で過ごした今年はハプニングも発生。昨日は相葉のバースデー公演ということもあり「このツアーで2回祝ってもらったので感謝しかないですね。きのう初めて、アンコールで『あらし』コールが『まさき』って言ってくれて…。まぁ松潤が言わせてたんですけど」と思わず頬がゆるむ相葉。櫻井は「奇跡的に母音が一緒だからね」とうなずくと、相葉は「うれしいハプニングでした」と和やかなムードを漂わせていた。

 またこのほど、嵐5大ドームツアー集大成ライブ写真集『ARASHI at 5DOMES 2009-2019』がファンクラブ限定販売されることも発表。大野は「感謝の気持ちを込めて、嵐の5大ドームツアーの歴史が詰まった集大成の写真集を発売させてもらいます。完全保存版10冊セットをファンクラブ限定で予約販売で!ぜひお楽しみに」とアピールすれば、松本も「すごい!ちゃんとしゃべれましたね。数字も完璧じゃないですか」と感心。

 ほかにも、20日にはデビュー曲のリプロダクション楽曲「A・RA・SHI:Reborn」が音源配信され、31日にはNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary-Voyage-』が全世界独占配信を控える。さらに、「A・RA・SHI:Reborn」のミュージックビデオという形で、同じく20周年を迎えた人気アニメ『ONE PIECE』とのスペシャルコラボが実現。来年1月4日にミュージックビデオが解禁、同日発売の『週刊少年ジャンプ』では尾田栄一郎氏による書き下ろしイラストも公表されるなど、年末年始も活動が目白押し。

 さらには日本と中国が2020年に迎える「文化スポーツ交流推進年」の親善大使に決定するという吉報も。櫻井は「大役すぎてなにがなんだか…。身の引き締まる思いで大役を務め上げていきたい。日中文化交流の架け橋になれるように。中国のみなさんに日本の文化の素晴らしさ、少しだけですけど我々のパフォーマンスを知っていただけたら。北京でのコンサートではアジア各国、世界各国の方々が集まれる場をつくれたら」と背筋を正していた。

 今回のドームツアー全50公演の動員数は237万5000人。また音楽ライブビューイング史上最大規模となる全329館、617スクリーンにて約19万人を動員した。