俳優・沢村一樹が主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』が1月6日よりスタートする。2018年7月期に放送された前作から1年半を経て続編となる今作には引き続き、関ジャニ∞の横山裕、女優の本田翼も出演。劇中では刑事ドラマとしてシリアス度が増し、緊張感漂う場面もあるが、カメラの外では沢村いわく「すごく楽」だという“ミハン”トリオ。合同インタビューでは、すっかり出来上がりつつあるチームワークをのぞかせながら、今作のみどころや現場の雰囲気などを明かした。

【写真】水野美紀ら『絶対零度』新キャストの面々

 『未然犯罪捜査班』(通称・ミハン)は、日本全国の防犯カメラ映像、メール、電話、SNSの通信履歴など、あらゆるビッグデータを解析して割り出された “未来の犯罪者”を潜入・追跡捜査し、犯罪を未然に防ぐ特命班。元公安のエリートだが物腰の柔らかい飄々とした“ミハン”のリーダー・井沢範人を沢村、特殊捜査班から捜査一課を経て、“ミハン”のメンバーとなった山内徹を横山、かつて生活安全課の女性警官だったが、痴漢して逃走する容疑者を必要以上に暴行し“ミハン”に異動となった小田切唯を本田が演じている。

 今作では新キャストが加わり、物語のスケールもアクションも大幅にパワーアップ。しかしその裏で、3人ならではの空気は前作から大きく変わらないようで、沢村は「全然気を遣わせないというか、すごく楽なんですよね。お芝居始まったら一生懸命やるんですけど横山くんは前回もずっとトランペットのあのパコンっていう…(横山「ミュートですね」)そう、ミュートをつけて練習していて。今回も前回と同じような過ごし方で気を遣わせないところがすてきです」と撮影外ではそれぞれがマイペースだそう。

 横山が沢村について「『台本を覚えてきてない』といいながら本番ビシッとやって…ほんま夏休みとか勉強やってないっていって高得点取る人みたい」とデキる座長ぶりを明かせば、沢村は「『絶対零度』の台本は今まだ覚えられてないからね。『グランメゾン(東京※取材は11月)』もまだやってるから!」と言い切って笑わせる。「そんなんいうて、本番しっかりやるんです。でも(前作の)最終回のラストの日だけいつもより入ってなかった(笑)。そんな愛おしい沢村さんが真ん中にいてくれるからのびのびやらせてもらえる。翼ちゃんは、僕もマイペースだけど…こんなにマイペースな人、おんねんやっていう(笑)その翼ちゃんが太陽みたいにいてくれてるから、現場も笑顔が多いです」と感謝した。

 前作で“ミハン”チームで紅一点だった本田は「このひとたち前室で男子トークで盛り上がるんです」とチクリ。今作から女優・水野美紀が“ミハン”の統括責任者・香坂朱里役としてチームに加わることから「水野さんの前でこの人たちは男子トークするのか、どうなるか…」と怪訝(けげん)な視線を送りつつ「私は撮影中メンバーとご飯にあまり行かないんですけど『絶対零度』では2回くらいご飯に行きました。ある種、ファミリーのような空気がある、大好きな現場で、大好きなお二人です」と尊敬も表した。

■沢村一樹、前作超えに意欲「もっと面白いものを作りたい」

 続編決定について沢村は「(前作を)演っているときから続編あるんじゃないって現場で話していて実際に決まったので、単純にうれしかったですね」と予感があったようで、横山も「撮影している時からそういう空気がありましたよね」とうなずく。本田「率直に『やるんだな~』って。『2』がやれるのは支持していただいたんだなとそれはうれしいんですけど2をやるならそれなりの意義をつくらないと、そこは考えました」と改めて気合を入れ直す。

 今作ならではのみどころについて横山は「前回、“ミハン”チームに新入りとして入ったのですが、逆に新入りが入ってきます。僕も潜入捜査をなかなかこなしていたので、そういう場面も楽しみつつ、井沢さんが闇に引きこまれそうになるのをと僕が全力で止めます」とアピール。本田は「いろんな格好をします。すごく短いスカートやタイトなワンピース、ホステスになっての潜入捜査もあるみたいです(笑)。今回もアクションが結構あるので、今鍛えていて週4でジムに行ってます」と前回同様に大暴れする小田切の活躍にも注目だ。

 沢村は「前回と同じメンバーでも撮影に入れば、前回とは違う空気で演じないといけない部分が多い。前回の空気は大事にしながらもっと面白いものを作りたいと思っています。実際、この作品は僕が今まで演じてきた役への視聴者の方のリアクションとは違う部分も多く、自分でもこういう役ができるんだと。あまり気を張らないように楽しみながら今回も、今回も新たな発見ができたら。ひとつ年をとった自分も楽しめたらいいな」と奮起する。

 横山は「それぞれがプロの仕事をしていて、学ぶこともできるし緊張感もあり、吸収できる現場です。勉強させてもらえる現場やなと思います。沢村さんしかりいろんなプロの方がいらっしゃるので吸収していきたい」と刺激を受けているようで、本田も「小田切は自分にとって初めてのクールな役でもありました。このドラマは新しい可能性を見つけさせてくれる存在です」と力を込めている。