令和初の年末年始の夜、テレビ東京では「美食晩餐会」と題して『孤独のグルメ』『きのう何食べた?』『忘却のサチコ』をリレー放送。トリを飾る、高畑充希主演の『忘却のサチコ 新春スペシャル』(1月2日 後11:30~深0:40)に、村上淳、葉山奨之、池田鉄洋が出演することが明らかになった。

【画像】原作者・阿部潤氏の描き下ろしイラスト

 主演の高畑が「今回のスペシャルでは、サチコさんが男性陣からモテモテ」と、話していたとおり、主人公の佐々木幸子(高畑)と共に神戸取材に行く作家・美酒乱香(みしゅらん・かおる/村上)と、連続ドラマ版で“モンスター新人”として登場し、幸子に思いを寄せる後輩・小林心一(葉山)が、幸子を巡って神戸の街で火花を散らすことに!? さらに、池田が演じるアイドルオタクのライトノベル作家・ジーニアス黒田の“無茶ぶり”がまさかの波乱を巻き起こす。

 村上と高畑は今作が初共演。村上の同局への出演は、『デザイナー 渋井直人の休日』第4話(2019年2月7日放送)以来となる。村上は「"言霊"。いい言葉を発するとそういうことが現実となる。勝手にですが僕は高畑充希さんに影響を受けている。ここ数年のマキシマム・インパクト。マネージャーのランバダくんに高畑充希さんてすごいですよねという会話をかなりの頻度でしていました。そう"言霊"です。今回高畑充希さんとご一緒できたこと。テレ東に再度、再々度出演できたこと。令和元年、ありがとう。そしてランバダくんもいつもありがとう。視聴者のみなさま。どうぞドラマをお楽しみいただけたらと思います」と、高畑との共演がよほどうれしかった模様。

 高畑からも「原作でもインパクトのある美酒乱先生。村上さんがやってくださると聞いて、なんてナイスキャスティングなんだっ!と感激してしまいました。お会いするのは初めてでしたが、とても親切にしてくださり、村上さんのおかげでとても楽しい神戸ロケになりました」と、コメントしている。

 今作では、名誉ある文学賞・芥山賞にノミネートされた美酒乱先生が、発表当日に幸子を誘って新作の取材のために神戸で日帰り弾丸旅へ。「女性であれば誰でも口説く」ほどの女好きな美酒乱が難攻不落の幸子を狙う。2人は無事に賞の発表までに東京に戻れるのか? 一方の小林は取材の裏で幸子とまさかの神戸デート!? 美しい神戸の街並みやデートスポット、地元で愛される商店街グルメにお得な神戸ビーフランチなど、神戸グルメが続々登場。果たして、幸子は令和の恋を見つけてしまうのか? 俊吾さんは一体どうなるのか?