Netflix オリジナルシリーズ 『セックス・エデュケーション』シーズン2の配信開始(来年1月17日)を前に、キャラクターたちの心の声を表した“攻め過ぎ”ビジュアルが到着した。

【画像】メイヴとエリックのビジュアル

 同作は、今年1月の配信開始からわずか4週間で世界累計視聴者数が4000万を超え、異例の早さでシーズン2の製作が決定した、英国発のドラマシリーズ。主人公オーティス・ミルバーンは、セックス・セラピストの母ジーンの仕事柄、セックスマニュアルやビデオ、赤裸々な会話に囲まれてうんざりしつつ育った高校生。おかげで性の知識だけは人一倍豊富になったが、実は経験がなく童貞で人付き合いが苦手な陰キャラタイプ。

 ある日、学校で母親の職業がバレて悩むが、逆に自分が人気者になれるチャンスかも!と、ひらめく。秘かに憧れていた自由奔放な女子メイヴと組んで秘密の「性の悩み相談クリニック」を開き、学校内で一躍注目を浴びていくことに…。

 主人公オーティスを演じるエイサ・バターフィールド(『ヒューゴの不思議な発明』『エンダーのゲーム』)は、「シーズン1の配信前は、話題になって議論を呼ぶとは思っていたけど、こんなに大成功するとは思わなかったよ」と大ヒットした喜びをコメントしている。

 そんなバターフィールド演じるオーティスが描かれたキャラビジュアルには、「クラスメイトは全員“ヤってる”」というコピーを「ヤって“ない”」と書き換えており、実はクラスの中で自分一人が童貞なのではないかと悩むオーティスの心理を表している。

 本作で注目を浴びたエマ・マッキー演じるバッドガールの同級生メイヴのビジュアルは「ヤンキー女子は簡単にヤれ“ない”」となっており、悪ぶっている女の子は簡単に落とせるという世間の目を否定する一言が。さらにンクーティ・ガトワの演技が評判のオーティスの親友でありゲイの青年エリックのビジュアルには「ヤッた数だけ、オトナになれ“ない”」という誰もが思春期に悩む性へのイメージを否定する言葉が書かれている。

 マッキーは「セックスは競争でもないし、いつまでに体験しなければならないという決まりなんてないわ」と、ビジュアルで描かれるキャラクターたちへの共感を口にする。ガトワは「これまでに人が話し合いたかった話題を実際に話し合う機会を作るようなドラマだよ。配信されてからいろいろな反応があったけど、“自分が若い頃、こんな番組があったらなぁ”と特に登場人物たちよりも上の世代からの反響が多かったんだ」と、明かしていた。

 斬新な設定と10代のさまざまな性の悩み、同性愛、中絶、家庭問題などシリアスなテーマ、タブーに切り込みながらも、今を生きる若者たちのリアルな姿に、思わず笑って、涙もさせられる新感覚の青春エンターテイメント。シーズン1は配信中。シーズン2では、キャラクターたちのドラマはどのように変化していくのか?