女優の清野菜名と俳優の横浜流星がW主演する2020年1月12日よりスタートの読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(毎週日曜 後10:30)のメインビジュアルが公開された。

【場面ショット】医学生役・横浜流星のメガネ姿&囲碁棋士役・清野菜名の着物姿など(全14枚)

 清野は囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”、横浜は大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レンを操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”こと森島直輝をそれぞれ演じる。

 公開されたビジュアルでは。ベールに包まれていた“ミスパンダ”の全身がついに解禁。劇中では、さまざまな衣装に身を包み、“飼育員さん“とともに、時に豪快なアクションで、大胆不敵に真実暴いていく。清野と横浜が目の奥にひそめている感情も感じ取れそうなビジュアルに仕上がっている。

 第1話ではレンはネガティブな性格のせいで囲碁の試合に勝てず悩んでいた。そんなレンの唯一の楽しみは、医学生の直輝に時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘われること。世間では、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめる謎の人物・ミスパンダが話題になっていた。

 そんななか、顔に包帯を巻いた女性が飛び降り自殺し、彼女の死についてネット上でさまざまな噂が飛び交う。ある日、レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。直輝がパンケーキにシロップをかけると、レンの意識は遠のいていき…。