俳優で実業家の水嶋ヒロ(35)が23日、オフィシャルブログを更新。4歳の愛娘が『仮面ライダーカブト』の“変身ベルト”で遊ぶ姿を公開た。

【写真】エモい&レア…劇中で実際に使用した『仮面ライダーカブト』“変身ベルト”で遊ぶ水嶋ヒロ長女

 水嶋は、4歳になる長女に自身が出演した映像作品を観せていないため、長女は水嶋が『仮面ライダーカブト』の主人公・天道総司/仮面ライダーカブトであることを知らないという。先日長女を実家に預けた際、実母から送られてきた写真に『仮面ライダーカブト』の“変身ベルト”で遊ぶ長女の姿があったという。

 この変身ベルトは劇中で実際に使用したもので、撮影終了後に記念にもらったものを実母にプレゼントしていた。水嶋は「わ、懐かし 娘にはブカブカ 笑」と写真を見た感想を語り、「娘にちょいちょいカブトを吹き込んでた犯人はおばあちゃんだったという‥笑」とすこし嬉しそうにつづった。

 長女と同い年で、いとこの男の子が「いままさに仮面ライダーにどハマり中」であることを明かし「昨日一緒に遊ばせたらこんなおもちゃを持ってきてて‥娘もなぜか興味津々 巻かせてもらって何度も変身してた 笑」と、現在放送している『仮面ライダーゼロワン』の“変身ベルト”を身につけた長女の写真も公開した。

 「僕は仮面ライダーだ!!」と興奮しながら遊ぶ男の子を見て「子どもたちをここまで夢中にさせるなんてすごいね」と感慨深い様子。「自分が出演してたのは遠い昔のことに思えるくらい 撮影が終了してから現在に至るまでいろんなことがあったけど いまこうして子どもたちが興味を持ちはじめてるなかで ヒロメシで祐基と共演できたのは自然なタイミングだったのかもしれない‥」と、13年ぶりの佐藤裕基(35)との共演や自身が出演した作品への思いをつづった。

 この投稿にファンから「パパはまさにヒーローだ!!」「当時、子どもと一緒にドハマリしていた『カブト』!!」「夢中で遊ぶ姫ちゃん達に感無量!」「パパがライダーだったなんて嬉しいだろうなあ!」「各々色々あった13年、飛び越える強い絆を感じました」「赤いカブトムシが健在だったのに感動しました、なんかすごく嬉しい」などの声が寄せられている。