女優の吉岡里帆(26)が、23日発売の『週刊プレイボーイ』2020年1・2合併号(集英社)の表紙に登場。1年4ヶ月ぶりの同誌カバー&巻頭グラビアで、新感覚のキュート&セクシーで魅了した。

【写真】キュートな猫になった吉岡里帆

 今年も映画やドラマなど多数の作品で活躍した吉岡。常に新たな魅力を開花させていく美女の最新グラビアは、アーティストの清川あさみ氏がプロデュース。撮影前の絵コンテ製作から実際の撮影の仕切りまで、「吉岡里帆と猫」をテーマに表現した。

 吉岡は「あさみさんとはプライベートでも仲良しなんですけど、私のことを『猫っぽい』と言ってくださっていて、そこで全編、猫絡みの撮影をしてみようということになりました」と撮影コンセプトを説明。印象的なシーンとして「ヒゲのアイデアは意外性があって面白かったです。(日清の)『どん兵衛』のCMで狐の耳をつけて撮影していますが、『猫のヒゲを顔に描く』という発想は出てこなかった(笑)」と振り返った。

 また、表紙にもなっている“ガリバー”のシリーズも「遊び心があって楽しかったです」と満喫し、「読者の皆さんが、ほっこり楽しんでくださったらうれしいです」とアピールしている

 同号にはそのほか、馬場ふみか、武田玲奈、川崎あや、佐藤美希、中井りか(NGT48)などが登場する。