テレビ朝日系で10月期に放送された、米倉涼子主演の木曜ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6シリーズがが20日に最終回(後9:00~10:14※20分拡大)を迎え、番組平均視聴率が19.3%の高視聴率で幕を下ろした。分単位の最高視聴率は23.1%。神原晶(岸部一徳)が差し出した請求書の金額に蛭間病院長が驚くお決まりのシーンで記録した。全10話の平均は18.5%と、第6シリーズも失敗しなかった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】1月期は桐谷健太&東出昌大の捜査もの

 最終回は、第6シリーズ最大のくせ者・ニコラス丹下(市村正親)が、修正大血管転位症、という先天性の心疾患があることが判明し、拘置所に勾留中に意識を失い倒れてしまう。「東帝大学病院」に緊急搬送された丹下を、決死の処置で蘇生させた大門未知子(涼子)。しかし、蛭間病院長をはじめとした上層部は「手術は不可能」と判断し、未知子の動きを阻止しようとする。

 蛭間院長と検察の許可を得ずにオペをすれば、ドクター生命を絶たれ、犯罪者になってしまうかもしれない中、手術をはじめた未知子のもとへ、海老名(遠藤憲一)をはじめ、東帝大学病院の医師たちが続々と集結。最後は、ONE TEAMで丹下の命を救った。

 第6シリーズでは、権威世代と次世代のバランス、コンピューター や AIとの共存など多くの問題が押し寄せ、新たな権力争いが激化する“白い巨塔”で、大門未知子が孤高の戦いを繰り広げた。